サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

hontoレビュー

昭和天皇と弟宮(角川選書)

昭和天皇と弟宮 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

天皇と直宮。

2011/05/27 01:27

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題は「昭和天皇と弟宮」だが、三笠宮殿下の登場頻度は少ないので、秩父・高松の両殿下が準主人公格だろうか。もっとも秩父宮殿下は昭和15年に肺結核で表舞台から退場されるので、戦時中は高松宮殿下が準主人公だ。
 秩父宮殿下には遺稿集はあるが、戦時中の事は殆ど描かれていないが、「高松宮日記」があるから、高松宮殿下について書くには資料的には困らないだろうか。
 保阪正康氏が同じテーマで描かれているが、小田部氏の方が淡々として筆致でまとめ上げられている。意外と直宮様方についてまとまって書かれた本は少ないものだ。
 最終章で秋篠、常陸、三笠、及び寛仁親王の各宮と天皇について描かれている。桂、高円の両宮は殆ど登場しない。
 ところで小田部氏には「梨本宮伊都子妃の日記」と「李方子」という著書があるが、朝鮮王公族について何か描かれてほしいものだ。方子妃殿下の「流れのままに」はゴーストライターが日記を元にして書いている、というので、もしその日記が見つかったら(大正八年分は最近見つかって韓国にある)、昭和25年に発表された張赫宙氏の小説「李王家悲史 秘苑の花」が活字史料では古い部類に入るので、「秘苑の花」に出て来る、あるいは出てこない何か分かる事があるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/14 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/01 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示