サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー48件

みんなの評価4.3

評価内訳

48 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

そのものがもたらしてくれた時間を幸せな気持ちで思い出せるような宝物

2011/09/29 23:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤と白の空気の入っていない大きなうきわをもって不思議そうな顔のねこ。

そう。誕生日のえびおにおじいちゃんから送られてきたのは、「うきわ」だったのだ。

えびおは、「うきわ」自体を知らない。

おとうさんに「みずに うかぶんだよ。これに のってね」と教えてもらっている。

おかあさんは不思議がっている。

「どうして うきわなんか くれたのかしらね。
このまちには うみも なければ かわも プールも ないのに」。

箱の中に入っていたのはうきわだけではなかった。

手紙があったのだ。

えびおは、それを両親には内緒でポケットに入れる。

きっとそこにあるのがふたりだけの秘密のメッセージだということが
なんとなくわかったんじゃないかな。

ここからえびおの冒険が始まっているような気がする。

そこに書かれていた内容もちょっと秘密めいている。

この手紙の言葉が、うきわを特別なものにする。

うきわを使う日を待つ、えびおのどきどきがこちらにも伝わってくる。

待つって楽しいなってこちらも思えてくる。

待ちに待った日、両親が寝てから冒険が始まる。

おじいちゃんと一緒の一度だけのかけがえのない時間。

一回だけの魔法のような思い出。

えびおのうきわにあたるもの。

思い出してみると、見つかるんじゃないかな。

傍から見るとなんてことはないものなんだけど、
そのものがもたらしてくれた時間を幸せな気持ちで思い出せるような宝物。

おじいちゃんのくれたのものは、形ある「うきわ」だけではなかったのだ。

それは、きっと・・・。

少年に戻って幸せな気持ちで眠りにつけそうな1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おじいちゃんのうきわ

2016/07/16 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫がけっこうリアルなので、
普通の猫がうきわで何かするのかと思ったら、
人間のような暮らしをしている猫たちのお話です。
「満月の夜に一度だけ浮かぶうきわ」というアイディアだけでも、
拍手ものだと思います。
おじいちゃん猫が何者なのかは語られませんが、
ファンタジーを読んだという心地よい読後感があふれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文句ない一冊

2017/02/28 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やさし - この投稿者のレビュー一覧を見る

このうるんだような絵が、かわいいしきれい。うきわで飛ぶのは楽しそうだし、なにかドキドキする冒険のような感じがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議なうきわ

2017/02/25 20:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おじいちゃんからのプレゼントのうきわ。ふくらませたうきわにのっておじいちゃんと一夜の冒険に・・・。絵がとてもきれいで雰囲気がいい。絵も語りかけてくるようです。何度でも開きたくなる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛すぎる

2017/02/11 16:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の子ネコに一目惚れしてしまった絵本です。
不思議な浮き輪を貰った子ネコ。
ネコって水嫌いだけど大丈夫なんだろうか…と思いましたがこの浮き輪は実は空飛ぶ浮き輪で…………というお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風を感じる秀麗は絵本

2016/01/04 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議なうきわ、初めての海、おじいちゃんと秘密の冒険。
美しい絵とワクワクするストーリーで少し長いお話ですがちゃんと聞いてくれる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うきわ

2015/10/24 13:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

誕生日のプレゼントにもらったのは空を飛ぶ、とっても不思議なうきわ。冒険ファンタジーもので夢いっぱいなお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/13 19:03

投稿元:ブクログ

しっとりした、満月の夜の物語。

えびおが可愛い。物語も素敵。

個人的に、途中にでてくるおじいちゃんの顔がすごくリアルで…ちょっとびっくりしたけど。

2013/02/18 11:18

投稿元:ブクログ

主人公の子供ねこの名前は「えびお」。
なんで「えびお」っていうんだろう。それだけで、かわいくて笑いたくなる。
赤と白の浮き輪が、またかわいい。
おじいちゃんネコと食べた魚の大きいこと!
本当にいい絵本だった。

2012/06/19 21:15

投稿元:ブクログ

ネコが主人公だけど、名前がえびおなのが良い。
輪郭がフワフワした絵が幻想的です。
アイデアと世界観はいいのだけど、文章が月並みな印象で残念.
絵はとてもいいです.

2012/06/13 09:26

投稿元:ブクログ

イラストがほんわかやさしくて。
心がほんわかする絵本。
「えびお」っていう名前が素敵だなー

読み聞かせしてみたい。
子どもの反応はどうなんだろ・・・

2011/08/19 18:30

投稿元:ブクログ

表紙絵を見たときから、ずっと、ずっと気になっていた絵本。
きょう、やっと本屋さんで手にとることができ、最初のページの「おかかの おむすび」を食べてる子ネコの表情で、もぉ、ずきゅん。でした。

えびおって名前も。
ミモザの木も。
おじいちゃんの、どっしりなお腹も。
なのに、かわいいどんぐり眼も。
海にひとすじ、月の光りも。
かなり豪快な、ふたり(2匹?)の食べっぷりも。
うしろ姿も。
むっちゃイイ。すきー。
とにもかくにも、えびおが、むちゃくちゃかわいいんです。

言葉のかさなりが、いいんだなー。
文末が同じ言葉って避けること多いと思うのだけど。
でも、かさなることで、より……なんだよなー。
「おおきな さかなです。」は3回も。

えびおのベッドの上に飾ってある額に描かれた、黄色の魚って……。

2012/03/01 18:53

投稿元:ブクログ

2011年発表。


えびおのお誕生日に、
おじいちゃんから届いた
「うきわ」。


それは、ただの
「うきわ」ではありませんでした。


待ちに待った満月の夜に、
えびおが「うきわ」をふくらませると、
月にひきよせられるように昇っていきます。


この夜、えびおが体験した、
わすれられない出来事とは......?



猫が主人公の話に弱いのもあるけど、
表紙の絵一発で
惹きつけられました。

猫に「えびお」という変な名前を付けているところや(笑)、
なぜか
おかかおにぎりを
両手で持って食べているところなど、
どこか不思議な味わいが
またいいんですよね♪


不思議なうきわに乗って
月夜を遊覧飛行するストーリーは、

おじいちゃんとえびおの
男同士の秘密の旅であり、

ワクワクが一杯詰まった
男のロマン溢れる冒険譚なのも
かなりツボでした(^O^)


好きなシーンは、
でっかい月をバックに
プカプカ浮かんでる
おじいちゃんとえびおのイラストと、

海を見ながら
二人で焚き火をしているところを
後ろから描いた
詩情溢れるイラストかな。



広い世界を知る旅は、
少年を大人にしてくれる。

今日の月と
明日の月は同じじゃないこと。


何かを得るためには
何かを失わなくちゃならなくて、

夜の時間は
昼の時間より進み方が遅くて、
夜の風は
音がザワザワして
胸がキュウってなる感覚。


心に染み入る月明かりの美しさだって、
暖かい場所から離れてみなくちゃ
分からないことなんですよね。


旅から帰ると
誰もが普通の日常に戻り
やがて記憶は曖昧になる。

でも、それでいいんです。


旅先で見た景色や経験は、
決して消えさりはしない。

体のどこかに眠っていて、
必要な時に呼び覚まされるし、

えびおにとっても
この冒険は、
揺らがない核となって
いつも支えてくれるハズだから。



とにかく
カットごとに違う
えびおの繊細な表情や
尻尾の具合(笑)と、

淡いパステル調の色合いで、
丁寧かつ
ダイナミックに描かれたイラストの美しさは、
一見の価値あり!


最近小さく纏まっちゃってるなぁって感じる大人にこそ
必要な絵本ですよ☆

2012/08/11 11:56

投稿元:ブクログ

湘南モールでたまたま目に付いた絵本。とってもかわいくて、久しぶりに絵本がほしいと思った一冊。
えびおの小さな冒険に、ほっこりした。

2012/02/14 10:01

投稿元:ブクログ

ようやく手にいれて読んだ本だが、絵本や児童書のカテゴリーにいれるのがもったいないほどだ。
パステルで描かれた、深みのある美しい挿し絵。
明るすぎず暗すぎず、幻想的である。
猫を飼っているひとにしか分からないのだが、猫はまことに表情豊かな生き物で、
この本の中でもそれが随所に描かれている。
おむすびを食べる顔。おじいちゃんからの贈り物のうきわに、きょとんとする顔。
満月をどんなに楽しみにしているか、その描き方も心躍る。
そしてうきわをふくらませてふわりと浮かんだときから、生涯忘れられないだろう
「えびお」の、おじいちゃんとの貴重な旅がはじまるのだ。
両親には内緒の、わくわくして楽しくてかけがえのない、一度きりの旅。
空をうかぶ時の驚きと喜びの顔。神秘的なまでの夜の空や海。
語って聞かせるときのおじいちゃんの顔もとても良い。
こんな愛され方をしている主人公の「えびお」が、たまらなく愛おしい。
おじいちゃんから渡されたバトンは、大人になったときの「えびお」をずっと支えてくれるだろう。

起承転結がはっきりしていて、文字の量もほどほど。
難しい表現もないので、小さな子どもでも楽しんでくれそうだ。
2011年の絵本屋さん大賞2位、だったかな。
納得の、お話の内容も絵も、大変丁寧に描かれた作品。
作者さんは「中原中也賞」を受賞した詩人さん。
言葉をひとつひとつ味わいながら読みたい。

48 件中 1 件~ 15 件を表示