サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

図説本の歴史

図説本の歴史 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

読みやすい。

2017/05/06 11:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙にも写真が沢山あるが、カラー写真が豊富で、とても分かり易く読みやすい。紙の誕生の歴史から、本の未来についてまで書かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/28 03:05

投稿元:ブクログ

先ず「本とはなんだろう」と問いかけ、答えとして3つの定義を挙げている。第1は、音声ではなく、視覚によって伝達される情報の集積だということ。第2は、それが社会的な情報伝達の手段だということ。第3は、本とは情報を運搬したり、保存したりするための手段であるということ。
次に、本の成り立ちから、書体の工夫、聖書や仏典について、印刷技術の発明、禁書や焚書などの受難の足跡、日本では江戸の貸本屋が大人気だったことなどの、世界中の本の歴史を述べ、更に本は権利のかたまりであること、教科書は時代を写す鏡であることなどを説き、最後に、デジタル化により本の制作と利用の方式が全面的に変容している現状であるが、人間生活の現場にあって、本が提供する質的内容は健在である。書物は、すでにその歴史の観察からあきらかなように、精神的は充足に向けて方向づけられていると、本の未来を予測している。
各ページにある美しい図版も大変興味深い。

2012/04/08 00:19

投稿元:ブクログ

カラーで写真の資料付きなので内容の割りには読みやすい。
材料である紙の発明、書体の発明、印刷機械の発明や書斎、図書館など様々なことに触れてあるが、サラっとなので入門編な感じです。楽しめました。

2013/04/12 21:24

投稿元:ブクログ

書物がどのような歴史を辿って今のかたちになったのか。そしてこの先、本はどうなっていくかを考える本です。

『ボルソ・デステの聖書』のような中世の美しい写本から、徳川家康が鋳造させた日本で最初の銅板活字まで、貴重な本の図版をふんだんにちりばめてあるところに惹かれました。

ひとつのテーマが見開き1頁でまとめられているので、どこから開いても入ってゆけます。

2012/01/22 16:15

投稿元:ブクログ

書物の材料、製本、設計、写本、活字、印刷技術といったことから、図書館や貸本屋などの読書装置、書店街、ブックフェアや著作権といった近代・現代的な事象まで、書物に関する事柄のインデックスとして読める本。
印刷博物館館長の本だけに、博物館の収蔵物を初めとする写真が豊富。
その写真もとても美しい。

2014/12/09 17:26

投稿元:ブクログ

本(書物)の定義として「音声ではなく視覚によって伝達される情報の集積」「社会的な情報伝達の手段である」「情報を運搬したり、保存したりするための手段である」という3つの要素を挙げ、世界史における本の誕生と発展を概説した本。

2012/10/04 03:53

投稿元:ブクログ

先に読んだ創元社の「本の歴史」と比べると、西洋書物に特化せず、紙の歴史、アジアの書物等幅広く網羅している。
どのページを開いても、見開き2Pで一つの項目について概要が説明されていて、教科書的にまとめられている1冊。

ただ、私の好みとして、ストーリーが感じられず、各著者が担当箇所を制約に従ってまとめました、という感じがあったので☆2つ。
各著者に、書いている対象への愛が無いわけではないと思うんだけど、例えばもう1冊の方では、活字一つとっても父型と母型から鋳造して、と細かく説明があったのに対して、こちらでは「母型活字が入ってきて」と一言でまとめられてしまっているのが残念。

とはいえ、扱っている対象はこちらの方が広いし、気まぐれにどのページを開いても楽しめるのは確かです^-^ 

2014/01/30 15:31

投稿元:ブクログ

高知大学OPAC⇒ http://opac.iic.kochi-u.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?isbn_issn=9784309761695

2013/02/06 04:11

投稿元:ブクログ

印刷博物館の近くに住んでることもあり、本の中の世界は身近になりすぎて、その価値を忘れかけていましたが、こうやって本になってみると、その素晴らしさを客観視でき、改めて感銘をうけました。でも、印刷博物館で一番好きな場所は、肉声での解説がつく、3Dシアターだったりします。

9 件中 1 件~ 9 件を表示