サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2012/08/11 12:18

投稿元:ブクログ

社会契約論+功利主義の系譜をたどりながら、
ロールズの哲学の主張である〈公正としての正義〉を基礎づけようとしている、ハーバード大学の講義録。

格差の是正、機会の平等をめざしつつ、
それが強迫的な道徳にしないことが彼の目標であった。

こういう経緯があるので、各論者の哲学の純粋な解釈とはなっていないことに注意を向けながら、
こういうようにさまざまな哲学者を貫いて読むことができるんだなあというのを感じていただければ。

あと、たいして新しいことではないのだけれど、
ロールズが、各論者を読むにあたって、
その論者の思考体系――問題設定&応答――をしっかり把握しなければならない、と明示してたのはよかった。哲学者への敬意。
そうしなければその哲学の良い部分を取り出すことはできないというね。

2015/06/10 00:35

投稿元:ブクログ

ロールズによる近代政治思想史の講義書。I巻では、ホッブズ、ロック、ヒューム、ルソーが取り上げられる。自らの「公正としての正義」の構想を保持しつつも、それと近代政治哲学――とりわけ社会契約論――の系譜とのつながりをロールズが意識していたことを明白に示してくれる一冊。

2011/11/11 12:19

投稿元:ブクログ

新着図書コーナー展示は、2週間です。
通常の配架場所は、3階開架 請求記号:311.1//R18//1

3 件中 1 件~ 3 件を表示