サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

私の中の男の子

私の中の男の子 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー57件

みんなの評価3.3

評価内訳

57 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ナオコーラの苦悩

2012/03/28 08:16

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 言葉には、いい響きをもつものと悪い感じを与えるものがある。
 たとえば、「企み」という言葉にどんな印象をもつだろうか。罠をしかけるような悪い感じはしないだろうか。しかし、「企み」はあってしかるべきものだろう。それは攻めるための一つの戦術ともいえる。
 作家にも「企み」があっていい。巧い「企み」は、読者を唸らせる効果がある。物語のなかにどんな罠を仕掛けるか、読者の息をのませる、立ちどまらせる「企み」なら、歓迎する。
 そんな「企み」を、山崎ナオコーラは拒んでいる。
 どころか、作家としての手の内をさらけだそうとしている。多分そのことは彼女にとって、とても真面目な選択なのだろうが、はたして読者はそれを求めるだろうか。

 19歳で作家デビューした雪村は自分の抱えている女性という性を持て余している。身体は十分に発達し、胸の膨らみはそれなりに満ちた。しかし、作家として生きていくことを決心したことで、彼女は自身の性を捨てようとする。髪は短く、胸の膨らみも手術で除去してしまう。
 男性に恋はするものの、それは実ることはない。
 「私は作家だ、と雪村は思う。女だけど、女の前に作家だ」。
 主人公の独白ながら、これはまさしく山崎ナオコーラの悲鳴のような決意だ。
 物語の中に、そういった「企み」は隠せただろう。しかし、山崎はあえて「企む」ことをしなかった。自信の性を捨てたがっているのは、物語の中の雪村という主人公でなく、作者自身である。

 そんな作品を読んでいて、少し胸が痛んだ。
 山崎ナオコーラは必死になって何を守ろうとしているのか。作家とはどんな生き物であろうと考えているのか。
 物語は自身のなかで完結すべきではない。読者にゆだねるべき何事かもあるだろう。
 作家はすべての神ではない。作家のもっている性なり過去なりそれらをひきずっていくしかあるまい。
 山崎のこの作品は「企み」もせず、自身をあまりにもさらけだすことで、読者を置いてけぼりにした。
 山崎ナオコーラが男性であろうと女性であろうとかまわない。作家かどうかは、読者にゆだねるべきではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/16 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/24 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/04 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/05 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/15 05:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/05 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/15 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

57 件中 1 件~ 15 件を表示