サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.7

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

2012/10/07 19:47

投稿元:ブクログ

読みやすく1時間あれば読める。この本そのものがストーリーの黄金律にそっているので、すんなり共感して入ってくる。からの自分の会社、自分のストーリーブランディングしようよという本。ストーリーは伝わり心に残る強いもの。

2012/12/08 16:05

投稿元:ブクログ

ストーリー仕立てのマーケティングの本。短いですが分かりやすくまとまっているように思います。
価格ではない価値を「お客様目線」、「お店のストーリー」で生み出して差別化を図る…重要なテーマになるのではないでしょうか?

2012/06/12 23:48

投稿元:ブクログ

ブランディングを小説仕立てで分かりやすく、そして、面白かった。ブランディングには3つのポイントがあると書かれている。
1) ”志”のストーリー
2) ”差別化”のストーリー
3) ”エピソード”のストーリー
品質、機能や価格で差別化できない昨今、その製品やサービスの持つ共感性や意外性、面白さ、それらを求めて商品を買う。そして、ストーリーには、それを売る人自身の思いや、熱意も込められていると思う。熱意という意味では、農林水産業の生産者や飲食業はその思いを直接、消費者に届けられるという意味で、とても恵まれている(と考えることができる)し、やりがいのある仕事に思った。

2012/03/20 00:33

投稿元:ブクログ

カワテツさんお得意のストーリーブランディングを架空の世界の物語で伝える本です。
小さなお店の経営についてのストーリーですので開業医としてはいろいろ参考になりました。巻末のワークシートをやってクリニックのブランディングに活かします。

2012/03/04 20:50

投稿元:ブクログ

世界一わかりやすいマーケッティングの教科書と帯びに書かれていますが、すごくわかりやすく誰でも読める形で書かれた一冊です☆

マーケッティングって言葉がありますが、行き着く先はきっとシンプルなものなんだろうなぁと読み終えた後に感じる一冊です♪

2012/11/14 07:54

投稿元:ブクログ

小説風に仕立ててマーケティング理論を説明する流行りの本なのかと思ってましたが、ドキドキハラハラのストーリーで読み易く、ストーリーブランディングについても分かり易く書かれています。巻末にワークシートが付いているので、ストーリーブランディングを実践できるオススメの一冊です。

2013/04/26 06:00

投稿元:ブクログ

先日、魔法のマーケティングのセミナーを拝聴した、川上さんの一冊。
エビカツでお世話になっている青木さんからお借りしました、感謝。

端的に言えば「マーケティングの基礎」、となるのでしょうが、
ストーリーを持たせながらうまく誘導しているので、非常にわかりやすく。

お客様目線はやはり、大事だなぁ、、とあらためて。

そして「志」「差別化」「エピソード」で表現される三本の矢、
自分自身を見つめ直し再構築するのには、避けては通れないと痛感しました。

で、実は本日に、生で「三本の矢」の実践セミナーも拝聴できる予定でしたが、、
こういう時に限って頼まれ業務が立て込んで、泣く泣くキャンセルでした。

もうちょっとスケジューリングできるようにしないと、あらためて。
今年はやはり、いろいろと考えないとかなぁ、、なんて。

2016/07/02 21:33

投稿元:ブクログ

ストーリーブランディングとは、お店、会社、商品が本来持っている価値を人の心が動くように、分かりやすく見えるか化すること
ブランディングとは、商品力、ことば、ビジュアルの要素
周りの人々が共感できるようなメッセージを発信していること、そしてその行動を応援したくなるような人材が求められている
志、差別化、エピソード

2012/03/27 09:04

投稿元:ブクログ

私が小さなレストランのオーナーで、困った状況だったら、この本の存在が「ガリブ」になってしまうかも。

ただ、ストーリーを作るというマーケティングには共感。

2012/03/22 23:10

投稿元:ブクログ

「就職活動は自己のマーケティングだよ。」
「我が社の商品はマーケティング調査から~」

就活中、企業の人とかセミナーの講師がよく言う【マーケティング】がわかるようなわからないような…^^;
だけど世はマーケティング本ブームらしい。というわけで、一冊。
物語形式で、常識のない私でもわかるちょーやさしいマーケティングの教科書。

2012/06/11 13:50

投稿元:ブクログ

やっとの思いで夢だった食堂を始めたものの、大手レストランとの競争の中で騙されて失敗し、一度はあきらめかけたけど、大切なことに気づいてやり直し、成功するという気持ちいいストーリーでした。

「レストラン」という言葉には、「元気を回復させる」という意味があるので、小さな食堂だけどレストランと名付けたあたりがクライマックスの感動的なくだりでした。

小さなお店や会社は大きなところと同じ土俵で勝負しても勝ち目がないということを教えてくれるビジネス書です。

価格で勝負しても勝ち目がないということは当たり前のように日々思いますが、品質でも勝負すべきではないということが、当たり前のようで目からうろこが落ちたような気持ちでした。

では何で勝負するか、この本では「ストーリー・ブランディング」と呼ぶ、以下のことと教えてくれました。



差別化

エピソード

のそれぞれのストーリーをリンクさせる。

私の理解では、

自分の店で、誰にどのような幸せを提供するのかを明確に定義して、それにこだわった取組みを継続する。
そしてそこにノンフィクションのストーリーを付加する。

ということです。

もっと簡単に言うと、本の中にもあったのですが、

「ぼくの店にしかできないことをすればいい」です。

2012/08/12 09:57

投稿元:ブクログ

物語り形式でわかりやすく、ブランディングについて述べられている。難解なマーケティングの本を読むより、この本を読んだ方がわかりやすい。

2014/09/09 09:07

投稿元:ブクログ

ブランディングの寓話。
自分自身のストーリーを持つ。ブランディングはing現在進行形、常にイメージする。
ストーリーブランディングは「志」「差別化」「エピソード」の流れで、それぞれリンクさせることを忘れない。

13 件中 1 件~ 13 件を表示