サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

北大の研究者たち 7人の言葉

北大の研究者たち 7人の言葉 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2012/06/07 14:17

投稿元:ブクログ

一冊で3つの味が楽しめる本。

まず研究者の「フィーリング」が面白い。本書は、若手研究者の研究内容を「社会とのつながり」という点からまとめてみようと企画されたものだとのこと。「社会とのつながり」と言っても表面的な「産学協同」といったものではない。研究者自らが「社会における自分の立ち位置」を確かめつつ、自らの研究内容を語るその語り方が面白い。

また「社会とのつながり」で例示される事実に新発見があるのも面白い。サンゴの北上や漁場の変化。そうした話は「温暖化」の中で多く語られている内容ながら、研究者の述べるディテイルから「再発見」することも多くあり、読者の好奇心を刺激する。

さらの著者の理解も面白い。例えば坂上氏の研究に触れつつ、数学の「抽象化」の話をする。坂上氏からでたきっかけを著者の大熊氏が自分の理解の中から読者に向けて描く。数学の「抽象化」の話など誰もが口にする話ながら、そこに研究者がいる迫力、そしてそれを伝えようとする作者の努力、そしてできあがった文章で、バランス良く(そして迫力ももって)伝わってくる。

実は著者とは友人関係で、公にする以上悪口は書かない(笑)。でも本当に読むことができて幸せに感じる本だった(出版後2ヵ月もしてからの購入でしたけどね)。

ちなみに、星が4つなのは「もっと読みたいよ」ということ。もっといろんなティテイルがあるのだろうとか、他にも面白い研究があるはずだとか、あるいはついでに他の大学版も出しちゃえば、などという前向きの不満(?)によるものとご理解いただきたく。

2012/06/24 07:05

投稿元:ブクログ

北海道大学の若い研究者たちの、研究内容と思いが書かれています。

学生に対する思いが語られている箇所がいくつかあり、そこが心に響きました。

2012/06/18 22:51

投稿元:ブクログ

なるほど、こういう柔軟な思考ができる研究者がいるのか、と思うだけで、結構ワクワクする。「研究者=世界が狭い」というイメージを変えてくれる7人のサムライのお話。

3 件中 1 件~ 3 件を表示