サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

雨の浜辺で見たものは(創元推理文庫)

雨の浜辺で見たものは みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

ついにシリーズ最終巻

2016/07/24 07:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

<コンウォール・シリーズ>最終巻と銘打ちながら、実は著者の死去のための最終作、シリーズとしての完結編ではない!、と知って読む気力が砕かれた。 けれど、もうすでに6作も読んできたのである、レギュラーメンバーのみなさんのことはなんだか知っている人みたいな気持ちになってしまっているのはむベなるかな。 またお風呂で読み切るのに丁度いい厚さなのだ。
イギリスでも、北の方がなんだか私の郷愁を誘うわ(田舎加減も含めて)。

今回、シリーズ史上最悪とも言える事件に、私はやはりローカルな狭い範囲で事件が起き続けることの限界を感じる。 しかも一人の人物が探偵役を買って出るという設定の限界というか・・・このシリーズが続くんだったら、作者はどんどんもっとひどい事件を起こしていかなくてはならなくなっていったんじゃないか・・・だったら、このへんで終わっておくのがちょうどいいのかもしれないな、みたいな。
あまりにダークな展開は、コージーミステリにはふさわしくない。
もしかしたら作者も、これが最後になるかもしれないと意識しながら書き上げたのかもしれないな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/18 18:25

投稿元:ブクログ

コーンウォール・ミステリの7作目で最終作。

ローズ・トレヴェリアンは40代の未亡人で、画家兼写真家。
コーンウォール生まれではないが、学生時代に魅了されて卒業後すぐに住み着いた。
20年の幸せな結婚生活を送ったが、夫を病気で失って4年後、少しずつ第二の人生を歩き出したというのがシリーズの発端。

雨の海辺で、幼女を抱き上げる男性を見かけたローズ。
誘拐事件の目撃者となり、事件に関わっていきます。
離婚して別れて住んでいた父親が連れ去ったのかと思われたが‥?!
ローズは地元に根を張り、事件の関係者とどこかで知り合いで、初めて会う人にも打ち明け話をされるタイプ。つらい経験を秘めているため、困った人が寄ってくるようです。
恋人のジャックいわく小柄で純朴そのものの外見。好奇心と親切心で物事を放っておけない性格でもあるんですね。

事件で出会ったジャック・ピアース警部と一度は別れたが、今は結婚こそしないものの何とか安定した仲に。
ジャックが強引でなければ上手くいくと見ましたね。
離婚後10年のジャックと死別4年のローズでは、再婚についての温度差が違うのは無理からぬところ。
ローズは信頼できる仕事仲間のバリーにもほのかな好意を寄せられていたが、内気で決まりきった生活をしていたバリーも今では考え方を変え、他の女性と付き合うようになっている。
前作でまだ若々しかった母が急死、お父さんのほうは近くに越して来ました。
それぞれに何かを抱えた大人が、希望を見出していく物語だったように思います。

シリーズが終わったのは、作者がガンで急逝したためだったんですね。
はっきりした終わらせ方ではないですが~友達がカップルで集まっての幸福感溢れるパーティなので、作者は終わる可能性を意識していたのでは。

日本では2004年発行の「容疑者たちの事情」でスタート。
「しっかりものの老女の死」「クリスマスに死体がふたつ」「待ちに待った個展の夜に」「ムーアに住む姉妹」「夏の夜のわるい夢」と続いたシリーズ。
最初に1作目を読んだときにはピンと来なかったのですが~数年後(2010年)に続きを読んだらすっかり気に入ってしまい、最初から嬉々として読み返しました。
大切な夫を失った後、イラストレーターから画家へ仕事を広げていく心境の女性に(具体的には違うけど通じるところがあって)共感したのかも。

あちこちでレビューを読むと、日本人にはやや気が強く感じられるのかな? 同情しやすい描き方じゃないのかも。
こういうタイプの作品があまり他にないので、中途半端に見られるのかもね。
ミステリというには軽く、コージーというには主婦目線でないし、ユーモアというにはドタバタも少ないので。
普通に読みやすい小説でした☆

2013/02/21 22:03

投稿元:ブクログ

少女連れ去り事件の目撃者になってしまったローズは今回も事件に絡んでいく。

コーンウォール・ミステリ最終作。
でも人間関係にケリはついていない。まぁ、仕方がないんだけど。
ミスリードのさせ方が卑怯じゃないか?と思わなくもない。
ローズの芸術家としての観察眼を散々褒めた挙句だし。
そしてやっぱりローズは性格がよろしくないという結論。
事件もなんとももあっけない解決で、やっぱりこれって作者があれだったから?と思ってしまった。

2012/10/22 15:01

投稿元:ブクログ

少女が連れ去られたときにローズが居合わせたのは本当に偶然だったのだ。とはいえそこはローズ、それですむわけがなく、さっそく事件に首をつっこみはじめた。シングルマザーの母親はアル中のようで、その姉も複雑な事情をかかえているらしい。この事件、ただの誘拐ではないかも。恋人の警部と、近くに越してきた父親、心配性の男性たちに囲まれたローズは事件をどう解く!?

原題:Caught Out in Cornwall (2003)
訳者:山田順子

創元推理文庫(2012.08)

2013/01/03 14:43

投稿元:ブクログ

コーンウォール地方を舞台にしたシリーズ7作目。謎解きもさることながら、馴染みの地元の人々に会えたのが嬉しい。旧友にあったような喜びだ。作者が癌で急逝したのが惜しまれる。

5 件中 1 件~ 5 件を表示