サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

鉄壱智 10 (ZERO−SUM COMICS)

鉄壱智 10 (ZERO−SUM COMICS) みんなのレビュー

  • なるしま ゆり
  • 税込価格:5965pt
  • 出版社:一迅社
  • 取扱開始日:2012/10/23
  • 発送可能日:購入できません

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2012/11/10 18:39

投稿元:ブクログ

完結したのかー。なるしまさんの作品ってばほんと哲学書だよね…。一個の台詞やモノローグにああ、すごいな、って思うけど全体像掴めてないのでまたまとめて再読をせねば理解が追いつかないwでも基本的にこういう思考は好きだ。

2012/10/26 00:50

投稿元:ブクログ

なるしまゆりさんの漫画が好きで、多分単行本として出ているものは全て読みました。その中でも鉄壱智が一番好きです。
とにかくこの方の漫画は心に残る言葉が多いです。
完結したのが嬉しいような寂しいような。
夜長彦が良い笑顔してました。
読めば何か心に響くはず。未読の方は1巻からどうぞ!
とりあえず、自分もまた1巻から読み直してきます。

2012/12/02 23:02

投稿元:ブクログ

完結!したので今度全部読み返そうと思います。
ずーっと最初からそんな予感はしてたのですが、やっぱりヒコはいってしまうのですね。さみしい。笑顔で、楽しかったって。再生はあるのだろうか。不完全になってしまった死と再生の神。どこかで、兄とヒコと、鉄が出会えたらいい。
鉄は兄じゃなかったんだなぁ。すっかり兄だと。ヒコが望んだ形だったのですね。ヒコはこころが子供だったから間に合ったのか。兄は…欠片しかなかった。やっぱりもう出会えないか。
神の形を決めるのが人っておかしくない?という話は面白かったです。人智を超えたものはつまり人には理解出来ないのに、というの。
人はきっと神を屠るだろう、か。欲と恐怖と。得体の知れない恐怖を崇める事で神として折り合いをつける。その現象に神と名付けるのが人なら、神はやはり人が創り出した物に他ならないということですよね。神はどこかに存在するのかもしれない、だけど人が認識できる物は人が創り出した物でしかない。それは人の尺度で名付けた「神」であって、神ではない。そんな事を思いました。
百合子たちの結末は描かれないのですね。百合子たちに限らずか。皆生きていく、その途中。知る事は生まれる事。何度でも生まれる、生まれ変われる。

2012/10/29 21:27

投稿元:ブクログ

人と神さまのお話、完結。
・・・難しい。
ええ、とっても難しいです・・・。
もう一度1巻からじっくり読み直しさせていただきます。

2013/03/28 09:16

投稿元:ブクログ

この終わり方で良かったんだよね、という気持ちと、もやっとした気持ちと。解決させないことで希望が持てるってこともあるのだけどなんだろうなー。

2013/06/05 12:28

投稿元:ブクログ

自分の中で「好き」が失速★

最初は好きで買ってたんだけど
途中で義務みたいになっちゃった。

本誌でも読んでいたから
「この終わり方か~」と思っちゃったんだよね。
私的にはスッキリしない終わり方★

6 件中 1 件~ 6 件を表示