サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ザ・コップ The Barber 2

ザ・コップ The Barber 2 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2012/10/31 12:59

投稿元:ブクログ

やっぱり出ました「The Barber」続編です!アダルトで洒落たムード漂う会員制の理容室が舞台のストーリー。前作では終わり方がフランス映画みたいに曖昧で、いい余韻はあるにはありましたが、そこで終わる?その先はどうなるの??と気になって仕方なくさせられてしまいました。なので、続編の登場はとび上がるほど嬉しいです。

仕事ができて勘もよくて美人だけど、辛辣なことも言ってのけるハル。
この優雅な雰囲気に違和感だらけの事件を持ち込んでくる、刑事の正田。
そして、ハルの幼少からの支援者であり、保護者であり、愛人である経済界の影の大物、陳。
三者三様の愛が入り乱れて、絶対何かが起きると思ってたらやっぱり起きましたね。
キャラ立ちがはっきりしていて、3人とも個性的。ハルは一見やさしいだけの庇護的な存在に見えるけど、男に依存するだけではなく、自分自身の意思で行動できる人間。かなり辛口発言するのも爽快です。
正田は色恋よりも事件、という根っからの刑事気質で男くさい反面、ナイーブなところもあります。今回彼の過去が語られていて、単にガサツなだけじゃないのがわかりました。
でも、いい味だしてるよね、正田。面白い!ちょっと大人げなくて、でもポジティブなところが魅力です。


正田が事件を捜査することに集中してしまい、せっかくいいかんじになったのにずっと会えず焦れったいままのハル。
事件の行方とからむように、なんと正田の同棲疑惑が持ち上がります。正田に男の影!気になる相手は科捜研のクール眼鏡、毛利。
ハルの気持ちが大きく揺れ動くんですね~
とは言え自分にも陳という男がいるわけで、強い態度に出られないんです。でも、はっきり問いただしたいと悩むうちに、ハルは決意します。そこが、とてもよかったです。
自分の気持ちや立場を真剣に考え抜いた結果なんだろうなと思わせました。
陳がどう出るか興味がありましたが、意外な面を見せつけられた感じがありました。少なくともハルに対しては残酷な冷血漢じゃない。
しかし、陳ともまだ先、波乱含みな予感もあるんですよね…

そして、なんか微笑ましいというか、笑えるというか、福井様wと文也くん!こちらもこの先の進展が気になる二人です。このまま、ほのぼのなかんじになるんでしょうか?

とにかく登場人物全員魅力にあふれていて、生き生きしています。
最近の水原センセの作品では、前作とともにイチオシです。
事件にちょっぴり協力しちゃうハルなので、この先また正田に事件勃発で続編が出ることをものすごく期待しています。

2013/07/21 23:01

投稿元:ブクログ

The Barber 続編

全巻の終わり方が”そこで終わるの!?”だっただけに続編が嬉しい!
・・・しかし!!
収まるべきところに収まったな、という感じはあるものの気になる部分が全然書かれてなくて結局どうなの~?って思う部分があり個人的には消化不良でした。
メインカプ、サブキャラ達も魅力的だっただけにちょっと残念。
内容は面白かったけど期待し過ぎちゃったのがいけなかったかな。

2012/10/29 19:52

投稿元:ブクログ

The Barberの続編です。

まだ恋人にはなっていなかった二人がお互いに強く惹かれあい

離れられなくなる。

ハルにはハルの全てを愛し慈しんでくれる大きな存在、陳がいる。

両親との確執があって孤独に耐えている時も、念願かなって

会員制の高級理容室を立ち上げた時もいつも陰日向になって支

えてくれたハルにとって父であり母であり兄でありアドバイザーで

スポンサー。

一生陳の物であると思っていたのに野生の狼に惹かれてしまった

ハル。

その手で大切に育て上げた薔薇を黙って手折られるのを許す筈の無

い陳が、正田の入室を許しハルが自分から去ってしまうと悟った

時の行動は最早世界を牛耳る沈着冷静な華僑のそれではありません

でした。

余所の男に手折られるならばとハルへ迫った陳の心情が堪らなく

素敵でした。

ハルに手をかけようとした陳が思いとどまったのは、正田を選んだ

ハルと一緒に生きる未練があるからだと言い、だから今はハルを許

すと言う。

何と言う深い包み込む様な愛情でしょうか。

身分も立場もおかまい無しの無骨な正田もいいけれど、やはり

皇帝然とした大人の陳が懊悩し乱れる様は何とも言えませんでし

た。

久し振りに水原先生の作品を堪能致しました。

痛さを前面に出されるより内面の夜叉が見え隠れする方が心地

良いですし、文章も品がありこういう水原先生の作品を

これからも読みたい、そう思いました♡

正田は刑事なのでそれらしい事件も絡んでいるのですが、もう

離れていく可愛い坊やを繋ぎ止めようと苦悩する陳様に

翻弄されてその内容は余り心に残っていません。

3 件中 1 件~ 3 件を表示