サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

明治神宮 「伝統」を創った大プロジェクト(新潮選書)

明治神宮 「伝統」を創った大プロジェクト みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/07/18 21:39

投稿元:ブクログ

明治神宮が「新しい神社」だということは、ちょっと調べればすぐわかることだが、本書の特徴は、そこで「創られた伝統」論へ行かず、「今に向き合うことで未来のための拠り所を築こうとする営為」(p.316)として神社造営をとらえようとすることだ。そこには、かつての天皇制研究が取り組んだ権力や支配の問題や、「創られた伝統」的な研究が指摘した「伝統の作為性を暴く」という問題意識もあまり感じられない。著者の立場もあるのだろうが(明治神宮国際神道文化研究所主任研究員)、明治神宮の魅力を伝えるということが第一にあるようだ。

しかし学術書としての体裁はとっており、ここで「学術書の体裁を取りながら、支配や権力の問題を抜きにして、神宮の魅力という美点だけを伝えようとするのは良くない」とするか、「安直な神宮賛美論ではなく、学術的手続きを経たうえで、その魅力を伝えようとする態度は誠実だ」とするかは意見が分かれそうだなと思った。僕自身、前者の懸念がないではないが、地道な明治神宮研究としての価値は高いようにも思え、これはこれとして意味があると思っている。

2013/10/03 15:54

投稿元:ブクログ

行ってみたくなった。東京の人はこの地理感覚があるんだろうけど。ドキュメンタリー番組とかだったらもっと分かり易いかな。理詰めで神社を創るというのもすごく面白かった。

2013/04/21 23:09

投稿元:ブクログ

「明治神宮」ー 伝統の上に近代知も取り入れた全く新たな神社の誕生。
そこに故郷山形のエンジニアが活躍。初めて聞いた技術者の名前ですが、明治神宮以外でも功績がすごく、技術者として誇りに思った1冊でした。

・山形のエンジニア三傑ー伊東忠太・佐野利器・折下吉延
「建築」の伊東、「構造」の佐野、「公園」の折下。彼らが手がけたのはいわゆる「建物」ばかりではない。内苑・外苑の設計、境内・境外道路の計画、そして記念建造物のデザイン等、その活躍の範囲は多岐にわたっている。

・エキスパートたちの東北魂
 戦前、土木・建築・造園等、日本の都市インフラを築いてきた技術者には東北人が多い。明治維新以降、薩長土肥出身者には政界や軍隊で栄達の道が開かれたのに対して、幕末に奥羽越列藩同盟を組み、朝敵となった東北出身者の立身出世とは専門性を身につけた技術官僚として能力を発揮することだったのではないか。

2014/04/01 05:11

投稿元:ブクログ

via http://www.jia.or.jp/service/newsletter_jia/detail.html?id=40

2013/03/27 05:41

投稿元:ブクログ

【蔵書案内・坂東市関連】坂東市(旧沓掛村)出身の洋画家、二世五姓田芳柳が17ページにもわたって記載されています。芳柳の幼少期から歴史画にとりくむまでなど、坂東市の方にはその部分だけでもせめて読んでもらえたらとも思います。ちなみに著者は坂東市に赴き、芳柳の親族やさしま郷土館ミューズ館長にインタビューを行っています。ミューズ提供の芳柳の写真も掲載されています。    と、坂東市関連のことばかりレビューしてしまいましたが、この本は明治神宮をつくったさまざまな人々を緻密に調査し、明治神宮への愛着を込めて綴ったように感じます。著者からの視点は新鮮でした。

2013/05/26 13:30

投稿元:ブクログ

小雨降り白き沙漠にあるごとし巴里の空も諒闇に泣く
  与謝野晶子

 与謝野晶子が滞在先のフランスで歌った「諒闇【りょうあん】」とは、明治天皇の訃報のことである。日本からパリ到着に2週間もかかる時世であった。
 明治天皇の亡きがらは、遺志により京都の伏見桃山陵に埋葬。他方、東京では、明治天皇を奉祀する神社造営を望む声が沸き起こっていた。
 さっそく、渋沢栄一と、娘婿で東京市長阪谷芳郎らが中心となり、民間団体「明治神宮奉賛会」を設立。明治神宮造営という一大プロジェクトが動き始めた。
 神宮内苑は国費で、外苑は献費でまかなうこととし、鎮守の森をなす樹木についても献木を募った。全国の青年団の若者が労力奉仕し、「基金」という西欧の概念を取り入れたことも新しい試みだった。
 時は経ち、大正9年(1920年)秋に神宮創建。造園、建築などに携わったメンバーは、多くが留学経験者だった。いわゆる「日本の伝統」が明治期になって創られたことは、すでに指摘されている。伝統や国史は、対外的にも必要だったからだ。ただし、そこに多くのせめぎあいがあったことを、今泉宜子の新著は伝えている。
 とりわけ興味深いのは、神宮外苑にある聖徳記念絵画館の壁画80点についての記述。明治史を可視化させたそれらの画は、全公開までに20年以上もの歳月を要した。国史編纂者と画家たちとの対立、さらに、スポンサーである絵画奉納者の意向なども複雑にからみ合っていたという。そのような史実の上に、今、私たちはいるのだ。

(2013年5月26日掲載)

6 件中 1 件~ 6 件を表示