サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

女たちの韓流 韓国ドラマを読み解く(岩波新書 新赤版)

女たちの韓流 韓国ドラマを読み解く みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2013/06/06 12:42

投稿元:ブクログ

韓流ドラマから韓国の歴史を見てみようという、韓国に興味のある人には大変とっつきやすい内容です。
題材にされているドラマ冬ソナ以後ぐらいで、少し古いかな。
今のドラマはあまり歴史と結びつかないか~
韓国のドラマみてると、どきどき「?」ってなることがあるから、こうやって歴史や世相なんかと一緒に解説してもらえるとわかりやしいですね。

2013/06/21 14:16

投稿元:ブクログ

むしろ・・・・、これだけの韓流ファンがいて、岩波新書で韓国ドラマを紹介するだけの版が出たことに驚き。
社会現象というのは庶民的、俗的だとはいえ、ほんとにくだらないことがはやるものです。
日本の「おしん」も結局見ませんでしたが・・・・・。
そもそも家庭にあるテレビの前で、泣いたり、笑ったり、怒ったりしていることがほんとにいいことなのでしょうかねぇ。

2013/06/09 14:39

投稿元:ブクログ

韓国ドラマなんて見たこともないし、興味もないし、これからも見たいとも思わないので、正直よくわからなかった。

韓流という言葉が生まれたのは1990年代後半の台湾。

2013/08/25 22:43

投稿元:ブクログ

いや、こんなふうに韓国ドラマの名作を紹介する本なんていくらでもあるのよ。だからこそ、岩波新書なら一味切り口の違った深い内容のものを出すと思うじゃない。ところが、そうではなかった。
韓国は日本よりちょっと遅れていると思われていると思う。特に、儒教文化なども影響して男尊女卑傾向が強いと思っている人が多いんじゃないだろうか。確かに、世間レベルでは根強くそういった風潮・文化が残っているだろう。でも、現代の韓国は果敢にそういった悪習の是正に向けて進んでいる。戸籍制度を廃止したり、女性大統領が誕生したりといったように。その進度は日本よりすでに先を行っているんじゃないかな。読む前の想像では、そんな韓国の政治運動や市民運動の歴史なども絡めながら紹介してくれるのかと思っていた。ところが、名作ドラマのあらすじを紹介して、ちょこっと著者の感想が入っている程度。読む前に期待を高めすぎた。
ま、名作の誉れ高くても名前しか知らなかったり、それこそ知らないドラマなども紹介されていて見てみたいドラマが増えたのは収穫かな。

2013/07/26 18:08

投稿元:ブクログ

聞いた事がないドラマがほとんどで見た事があるやつは何にもなかったんだけど、この本片手にみたいと思った。

韓国のドラマはほんと今の韓国社会を反映していて、女性の視点がある。

ドラマってほんと社会を写す鏡というが日本のドラマがそうだったのはいつまでだろう?

逆に乖離していっているのが今の日本のドラマの現状な気が。
そしてやっぱり男のこ目線なんだよな。

2013/10/11 12:20

投稿元:ブクログ

以前は好きでよく観ていた韓国ドラマだが、最近は時間もなくてなかなか観ていない。
この本では、韓国ドラマを通じて、韓国について(特に女性の人権について)考察した本。
ドラマを観ていなくても、簡単なあらすじの説明があるので、わかりやすい。
紹介されているドラマを観たくなる。
ドラマを通じて、韓国のいろんな事情が知られ、おもしろかった。

6 件中 1 件~ 6 件を表示