サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2013/08/17 00:27

投稿元:ブクログ

第二次世界大戦中に、アメリカでおきた日系人収容の本。この世代は、本当に忍耐づよい。そのことに胸を打たれるとともに、人種差別に基づく危険が今日も消えてないことがわかり、自戒を促される本。

2013/12/11 18:51

投稿元:ブクログ

 アメリカ北西部シアトル郊外の美しい街ベルビュー。マイクロソフト本社もほど近いハイテクの街なのだが、実はこの街の基礎は、日系人たちの労苦によって築かれた、とは知らなかった。
 森を切り開いて畑に変え、イチゴや野菜など農業で成功を収めつつあった日系人たちを襲ったのは、日本軍による真珠湾攻撃のあと、アメリカ社会にめらめらと燃え上がった「排日」の世論。アメリカ生まれの「アメリカ市民」だったはずの2世、3世を含め、家と土地を追われ荒野の中の掘っ立て小屋に強制収容された日系人は、およそ12万人。いまやアメリカ史の最大の汚点ともされる日系人強制収容とはどのような出来事だったのか?
 ベルビューの地元紙の記者が、この街を舞台にインタビュー取材を積み重ねて、人間味たっぷりに生き生きと描き出しているので、読みやすさも出色だ。理不尽な差別や偏見と闘った日系アメリカ人の不屈の精神を知っておきたい。そして、現代社会のどこででも起きかねないマイノリティを排斥しようとする偏狭な動きへの、強い警告にあふれた良心の一冊。
[ライフデザイン学科  脇田哲志先生]

2 件中 1 件~ 2 件を表示