サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/03/03 15:29

投稿元:ブクログ

柄谷行人さんの書評から読んでみました。

ウィリアム・モリスとE・B・バックスの共著でモリスさんはアーツアンドクラフト運動で有名な方だそうです。そしてそこに社会主義というものがあるのだということの証明の本であります。

モリスさんの社会主義というものはとてもいいものだと思いました。

人間の認識とは何かを説くこと、認識とは学問であります。認識とは人間が反省し都合の悪いこと嫌なことわからないことなどを全てを認識し比較吟味することで生まれる認識だと思います。それは反省による覚醒という認識です。そういう険しい道を人間は経過することによって遊侠と倫理の認識を得、現実を比較吟味する現実批判によってそこに不満を見出すなら改善の配慮が生まれるのだろうと思います。ユートピアはそういった改善の配慮の先にあるもので、それが社会主義だと書いてありました。

エンゲルスはユートピアから科学へと言ったとあります。しかし反省による帰納的認識は科学的です。そしてその先にユートピアを見る。それこそ社会主義だろう。それは科学的思考からユートピアをみることです。

この本は社会主義とはなんなのか教えてくれました。

1 件中 1 件~ 1 件を表示