サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

封鬼花伝 1 暁に咲く燐の絵師(角川ビーンズ文庫)

封鬼花伝 1 暁に咲く燐の絵師 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2013/11/10 00:07

投稿元:ブクログ

荻原規子氏絶賛ということと、シュガーアップルの作者、三川みりさん作ということで手にとった作品。
大抵、某作者絶賛と言いながら大しておもしろくないことが経験上多いのですが、これは違いました! 
一気に読めちゃいましたよ。和風ファンタジーということで、異世界が舞台です。美形皇子、刀火(とうか)から絵の封印を命じられるのは有名絵師の弟子、千樹。師匠は過去の出来事で目が見えないから唯一の弟子である彼女が頑張ります。
彼女には出生の秘密があり(お約束ですが)幼いころまでいた国を滅ぼした元凶、「魔王の種」が刀火の中にあることを知ります。
絵に封印されている鬼が解放されれば種を宿す者は魔王へと変化してしまいます。
ラブ度は正直低めですが、一巻なのでこんなものです。内容がしっかりしているので、ラブが低めでも楽しめます。ここからどれだけ歩めるのか今後に期待!

2013/10/04 22:18

投稿元:ブクログ

「シュガーアップル・フェアリーテイル」シリーズの三川みりの新作。

成る絵(完成度の高い魔力を秘めた美しい絵。描かれた絵が現実のものとして成る)を描いたことがある稀代の絵師・彩遊の唯一の弟子である千樹。彼女の元へある時、国の第一皇子の遣いが訪れ、国を滅ぼす「絵」を封じるように命じられる。その絵の封印が解かれると魔王が目覚め、国を滅ぼすという。かつて上北国ではこれと同じことが起こり、千樹は国から逃げ出さざるを得なかった。上東国を救うため、一人の姫絵師と過酷な宿命を背負った皇子が運命に立ち向かう。

新しい話でもやはりそこには三川さんらしさが表れていました。
一つ一つの描写が細かい。読んでてその情景が目に浮かぶようでした。千樹が絵を描くシーンなど。そして、次はどんな展開になるの?という続きが気になる書き方。まさかあの人が事件の鍵を握っているなんてね、私は思ってもみませんでした(笑)

姫絵師ってなんか格好いい。一心不乱に絵に取り組み、最後の最後まで諦めない。つらい過去を経験し、それを乗り越えようと必死に抗う千樹。自分の中に魔王の種である力が潜んでいる刀火。その恐ろしさと戦いながら、自分の務めを果たそうとする。過酷な試練に立ち向かう2人の姿に後半胸が熱くなりました。刀火の部下・雅近や千樹の師匠・彩遊も良い味出してます。前半は笑い要素がけっこうあって、後半はシリアスな展開でした。メリハリがある内容って飽きなくて読んでて楽しい。

一応この巻でも話自体は完結してますが、続きそうな展開ですし、こちらもシリーズ化するのかな?千樹と刀火の恋愛はほとんど描かれていないので続編が出るのならその辺ももうちょっと読んでみたいな、と思いました。

2013/11/30 13:03

投稿元:ブクログ

イラストが由羅カイリさんだったんで、なんとなく男性陣が「彩雲国」っぽいって思ってしまいましたが、おもしろかったと思います。

描き手の気持ちによって、たまに絵が動いてしまうことがある世界のお話で、滅亡した国から逃亡していた絵師の千樹と隣国の第一皇子の刀火の掛けあいがよかったです。

あの絵をどんな風に封じるのかと思ったら、あの方法。そうか!って納得できました。正直絵を封じるタイミングは、例のごとくギリギリで、そこまでギリギリじゃなくてもいいんじゃないかって思いましたけど。

あと、敵として出てきた彼ですが、えー、この人が悪役になったら、サブキャラいなくなるやんって思ってたら、憑依されただけで、いい味出してる人がいきなりいなくなるのはちょっと寂しかったんで、安心しました。

おもしろかったから次巻も買うと思います。

2015/06/08 14:58

投稿元:ブクログ

三川美里出道作&第1本書是<銀砂糖師>系列嘛
這部則似乎是第2部作品~?
不過寫「制作 : 由羅 カイリ」~製作是~~~?
亞馬遜是寫「由羅 カイリ (イラスト)」←插圖

是說3川雖然是新人~插圖師卻都是重量大手哩@@!
Aki或是由羅Kairi~(目前不想用非官方的由羅海里譯名XD
↑青文倒是曾經打「秋」XD in 薔薇色那本贈品採色圖卡XD

2015/09/17 20:03

投稿元:ブクログ

画竜点睛の由縁かー
でも龍のほうがやばそうなのになあ
人だと入れ替わっちゃうとか?
読みにくい気味だけど大丈夫

2014/01/04 11:23

投稿元:ブクログ

面白かった。
千樹が刀火や雅近に敬語をとっぱらうタイミングが早かったのが少し残念でした。
あと、姉はほんとは〜…っていう事実のところはありきたりすぎたかな。
でも、全体的に早く続きが読みたい!って思える話だったので良かった。
次作も読みたいです。

2013/10/02 13:03

投稿元:ブクログ

彩雲国の一巻目を思い出した。
いや、悪い意味ではなく、挿絵抜きにしても。
最近ビーンズハズレばっかりだったので、‘首’並には面白かった。結構評価高いです。評価上は3だけど3.5位。
私は、結構好みな話でした。
次巻も購入します。

2014/02/08 17:18

投稿元:ブクログ

国を滅ぼす鬼が出ようとしている絵を封印することを依頼される千樹が、魔を封じるために苦悩する物語。
ストリーとしては王道なファンタジーで、この巻は伏線がいっぱいの続刊しだいな印象。
努力型のアンと違い、才能のあるヒロインが記憶の底に鎮めた内面と向き合うお話。バトルシーン的な創作風景です。

甘さは今のところ無し。
でも、p113のアップした髪とあの瞳は、惚れるカモ。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3385.html

2015/01/07 23:15

投稿元:ブクログ

積読をようやく読了。

『シュガーアップル・フェアリーテイル』から入りました。

実を言えば、次巻に『シュガーアップル』のペーパーが付いていたので新シリーズを買ってみました。

由羅カイリさんのイラストで、ビーンズ文庫の別作品を思い出して違和感を感じちゃう
と、知人が言っていたのですが
…まあ表紙のイラストを見るとね☆

読み進めていると、そんなの気にならなくなるけどね。

まだまだ始まったばかりの物語。
次巻の展開が楽しみです。

2013/09/30 21:11

投稿元:ブクログ

由羅さんイラストのせいで、常春頭と桃の人が仲良く主従やってるように見えたかな(笑) 話は季節が絡むなら、今回が序章として、解決してない部分を考えるとあと4話はありそうな気がする。刀火って名前だから、そのうち千樹が炎をまとった刀を描き出して、それを刀火が扱えるようになったりしてね(笑)絵のお師匠さんはもしや凄腕の暗部だったりして!?(´∀`*)ウフフ

2014/09/13 15:17

投稿元:ブクログ

絵には魔力が宿る。
主人公は絵と対峙することで、自分を成長させていく。

という話。
最初に種明かしがくるので、設定を詰め込む余力はまだまだあった。
これから増える登場人物と人間関係、絵師の禁忌、神話世界など、次巻期待。
最後に由羅先生の挿絵は相変わらず麗しいです。

11 件中 1 件~ 11 件を表示