サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

ペルソナの鎖

ペルソナの鎖 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2013/12/15 13:49

投稿元:ブクログ

 警視庁捜査一課のエース・氷室はゴールデンタイムのドキュメンタリー番組で熱血刑事と紹介されたこともあるほど捜査員としての能力も高く、ルックスも良い刑事で、妻と息子と暮らしている。しかし氷室は車の中に子供用のワンピースを積んでいたことで職務質問をかけられ、警察署に連行された土谷という男から「氷室になら話すからここへ呼べ」と突然呼び出される。面識もなく、なぜ呼び出されたのかわからないまま上司に言われ取調室へ入ると、土谷は氷室以外を人払いをした後に自分自身の前歯を折り、血をまき叫んだ。はめられたとわかってから氷室は思い出す。土谷は中学時代の同級生であり、かつて自分がいじめていた相手なのだと。

 ぐいぐい読み進んだ。地獄へ突き落とされ、忘れていた過去の罪に向き合わされる主人公。そしてそんな主人公にショックを受ける妻と息子。未解決事件も絡み合い、プロローグの主語が誰なのか、最後の方まで二転三転する。しかし自分の息子がからんでいるからといって、あまりにもな早とちりと、何よりも先に手が出てしまう主人公の行動はとても残念。また、子供の前での残虐な出来事はいくら小説といえど「うーん」と思ってしまうなぁ。物語自体はおもしろかった。

2014/04/28 19:11

投稿元:ブクログ

氷室諒が熱血警察官としてテレビに取り上げられるが、中学時代にいじめた同級生を取調室で暴行した容疑で自宅謹慎に処せられる.その取り調べに呼んだ元の仲間の田神警部の支援を得て、それなりの動きが可能になる.柚木と一緒の捜査も動いている.子供のタレント青木彩香が失踪する事件がきっかけで、弁護士や元暴走族など、入り組んだ関係が判明するが、次第に謎が溶けてくる.
最終的には意外な事実が判明するが、気持ち良いストーリー展開で楽しめた.

2015/09/11 22:20

投稿元:ブクログ

勢いがあってぐいぐい読んだ。
真犯人はこの人だろうなぁ、と早い段階から目星がついてしまったのが残念。

3 件中 1 件~ 3 件を表示