サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

Station 小冊子付き特装版(角川ルビー文庫)

Station 小冊子付き特装版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.0

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

21年の集大成?!

2014/02/02 22:41

29人中、28人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

「そして春風にささやいて」、から続く長きに渡ったシリーズもこの巻でいよいよ終わりです。
もういい加減終わらせあげてもいいのでは・・と、常々感じていた矢先に「完結」の情報が。
最初聞いた時には、驚いたというかタイミングが良すぎたというか、なので発売まで楽しみに待っていました。
最終巻らしくギイとタクミがメインです。
いつものごとく、とてもさらさらさらーっと読了。え・・・これは・・・・・なんともあっさり。
これにて完結、最後だよ。っていう感じが全くなかったなぁと。
だって、これが本当に本当のこの物語の結末なんですよね。
ネタバレするので核心には触れませんがフェイドアウトしちゃいます、彼が!
読みながら「はぁ?一体何が起こったの?!」状態になりました、しばらく・・・
20年という歳月をかけた結果がこんなにさっぱりと、盛り上がりもなく淡々としたものだとはびっくり!
でもまぁ、ごとうさんのあとがきを読んで納得。
ごとうさんの中ではすでに「タクミくんシリーズ」は終わっていて、大人の事情から
なんとか無理やり書き続けていたそうなのですよ。はぁ、そうですか。
私もリアルタイムで読んでいて思ったものです。
最初の数冊は楽しく読めたのに途中からなんだか惰性で書いてる感が否めないなぁと。
やはりというか、だからなのか、その結果がこの最終巻なのでしょうね。
特装版には小冊子が付いています。
でもこれまた既出のものばかりであれー・・・な印象なのです。
せめてその後の二人を少しでも垣間見ることができればすっきりさっぱり終われたのではないのでしょうか?
賛否両論はもちろんありますが、「そして春風に~」から読んできた私には
とても物足りないラストに感じてしまいました。残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/31 14:53

投稿元:ブクログ

あぁぁぁ、おわっちゃったね。
未来の光と、新しい世界への不安と、希望。
タクミは随分成長したよね。でも、ギイはどうだったんだろ?
ある意味ぶれてないギイだったし、最後の最後でのほのめかしはギイの差し金かなぁなんて、思わないわけでもないけれど……。
 
大きな風呂敷を畳む時間も惜しんで大急ぎで丸めてしまった感じを受けたのは……まだ私がこの物語を読んでいたかったからなのか……。
不完全燃焼だなぁ、私は。
や、どんな幕引きであれ大好きなシリーズだったから納得はいかないんだろうけれど(笑)

2014/02/04 15:19

投稿元:ブクログ

何この終わり…
あまりに中途半端。もやっと。

章三くんは出てこないし。
ギィの親友なのに。
三洲や野沢が嫌なわけじゃないけど、あれは章三の役目でしょー
出てこないまま終わりなんてあり得ない!

まぁもともと高2の1年間の予定だったんだもんな…と思うことにしても、納得のいく終わり方ではなかったかな。
こんな終わりのために何年もやってきたの〜?
発表から発売までの、うきうきした気持ちを返してくれ…
正直、こんな終わり方するなら未完のままでよかったよ…

2014/02/19 19:08

投稿元:ブクログ

タクミくんシリーズは最初の「そして春風にささやいて」だけ読んだことがあり、最終巻だというのにあまりの評価の低さと批判だらけのレヴューが気になり購入(笑)

2014/02/06 20:03

投稿元:ブクログ

ラストなのに★2の感想しか持てないのが悲しい。
最近は、ギイ×タクミのCPより、周辺のCPに重点を置かれてたので、そちらで楽しんでたのですが、よもやメインCPの終わりがこれとは…。
読者をないがしろにしているとしか思えない。
当初の情熱がかけられない何かがあったのかもしれないけれど。
2年生の1年間だけで潔く終わらせた方が綺麗だったのでは?

2014/02/03 15:22

投稿元:ブクログ

たくみくんシリーズでこちらの世界に魅了され、
ゆっくり時間のかかる発売を心待ちにしたものです。
ごとう先生は最初からギイとたくみのこの設定を決めていらしたとか。
ギイはそういう家だから、というのは仕方が無いですね。
けれど
この沢山のファンを持つ素晴らしい作品の最後を飾るには
物足りなさを感じてしまいました。
もうあと少しでいいですから、ギイとたくみ君の二人の時間や
やり取りが欲しかった、です。
前回発売から時間が経ってしまった事も有り、お話を思い出しながら読み進めました。少し文体に違和感を感じつつ。
番外編で良いです。
最後に相応しいギイとたくみ君の幸せな時間に浸りたい、です。

2015/01/26 18:19

投稿元:ブクログ

やっと読み終わりました。
この本を購入してからたいぶ月日が経ってから読み始めたので、その間にこの本のレビューと何度か目にすることがあり、それほどまでに…なのか!と思っていたのですが、私的にはそれほどでもなく。
まあ、すっきりはっきりしたハッピーエンドを望んでいた方にはおいおい!となる結末だったかもしれませんが、私はなんかまあギイならありえるかな、と思ってしまいました。元々タクミとギイって生きる世界が違いすぎて、もし高校卒業時で幸せなハッピーエンドだったとしても、周りがそれを許さないだろうな…と漠然と妄想していたので、それが早く来てしまったというか。
ある意味、生きる世界が違う二人が辺鄙な山奥にある全寮制男子校で幸せなひと時を過ごした後が、本当に大変で二人(主にタクミくん)の成長を求められ、二人の人生の本番なんじゃないなかと考えたら、タクミくんがギイのためにまた新たな一歩を踏み出す終わりはありかなぁと。
確かに、二人の幸せそうな姿をずっと見ていたかったし、ギイがタクミを好きすぎるから普通に幸せになって欲しかったな…という気持ちはあります。
ですが、早くも続編が出てるのもありますし、次に繋げるつもりがもともとあったのなら、なんとなくわかる終わり方でした。
私的には、三洲くんと真行寺がきっちり幸せな関係に落ち着いていたのでもうそれだけでいいです。
物足りないとしたら、赤池君がまったく出てこなかったことです。赤池君…ギイの親友なのになんで、最後の説明役が回ってこなかったんでしょう。ギイとタクミが離れてしまったら、真っ先に助けてくれそうなのに…。それだけが、不満と言うか残念なところでした。

2014/02/03 19:18

投稿元:ブクログ

タクミくんシリーズの完結巻。

ラストのラスト部分。
たった今まで普通に続いていた日常がいきなり、ぱたん。と、本をたたむような、扉を閉めるような、終わりを迎える。

そのためなのか、
読後に「喪失感」が残る。

物語(シリーズ)がここで終わってしまってもう読めない。という喪失感ではなく、「ギイが消えてしまった」という喪失感。

この終わりの先で、
タクミくんはもちろんギイに会えるだろう。
祠堂のみんなもまた会える機会があるかもしれない。

ただ、
読者側の私からは、ギイは消えたまま。
この喪失はもう埋められることがない。

2014/02/15 20:06

投稿元:ブクログ

まさかの結末にツイッター上で阿鼻叫喚だった最終巻。「読んだ人から堕ちていっている」という言葉はまさに名言認定されるべきだと思います。ネット上ではファンの人達主催の「station補完計画」がいろんなところで発動されているので、自分なりに納得いくラストに辿り付けると良いですねー。

2014/02/04 23:14

投稿元:ブクログ

終わった…終わってしまった…。
ずっとずっと読み続けてきたタクミくんシリーズ最終巻。完結。

ラストは最初から決まっていた。とあったけどわたしとしては 「えっ!
これで終わり⁉︎こんな終わり方⁉︎」てのが正直な感想です。
ギイは最後まで紳士、ジェントルマンだったかもだけどあまりにもあっさりギイが消えた。そう、消えちゃった。
タクミくんはきっとギイと再会するだろうが出来れば二人幸せいっぱいで祠堂のみんなも一緒に幸せな気持ちでラストを迎えてもらいたかった。

しかも…赤池くん…全然出てこなかったね…

2014/02/01 19:21

投稿元:ブクログ

お疲れ様でした!

すっきりしない
最終話ではありましたが、
今まで十分楽しませてもらったので
登場人物の一人ひとりの
その後の人生を自分で補完できるぐらいにはハマってますから大丈夫です!

11 件中 1 件~ 11 件を表示