サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/07/28 17:34

投稿元:ブクログ

腰を据えて読まないと消化できない。心惹かれるものはあるが、今これに取り組んでいる時間はないので、通りいっぺんの読みとなる。

2014/03/19 01:44

投稿元:ブクログ

冨岡悦子『パウル・ツェランと石原吉郎』みすず書房、読了。二人は語り得ない出来事を語る証言者として、ジェノサイドと収容所の20世紀を生き抜いた詩人。言語化を徹底的に拒む戦争を言語化する二人の詩を徹底的に読み直す一冊。http://www.msz.co.jp/news/topics/07812.html

「主よ 私たちに向かって 祈りなさい」(ツェラン)、「君は呼吸し かつ挨拶せよ」(石原)。人間が人間としての非人間と対峙する意義としての「証言」を本書は腑分けする。非常に読み応えがあり、読み進めるのがもったいない一冊だった、衝撃

2 件中 1 件~ 2 件を表示