サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

「イタリア郷土料理」美味紀行(小学館文庫)

「イタリア郷土料理」美味紀行 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/04/04 15:08

投稿元:ブクログ

某イタリア食材店でアルバイトした際に実感したイタリアの食の多様性と豊かさをこの本で再確認させてもらいました。
イタリアの各地方ならではの仕事をしている人が普段食べている料理や思い出の料理を、作者がインタビューするという形式で書かれています。その相手は推理作家、ジュエリー店主、活版印刷職人、サフラン農家の主人など様々で、その結果、この本は単に料理紹介だけでない、その相手の人間としての魅力、さらにイタリアという国の断片が垣間見られる内容になっていました。

個人的なことでは、サフラン農家の方が育てたサフランが、日本の食材店の店頭に並び、それを私が販売していた時期があったとはびっくりでした。

イタリアはローマを1日駆け足でみたことがあるだけなので、この本を持ってイタリア旅行をしたいです。

2014/04/30 12:10

投稿元:ブクログ

イタリアの各地を訪ね、その土地の人と地元料理を語る。ウィッチー美術館の人だったり、地元の職人だったり、農家だったり。イタリア料理とひとくくりにしてしまいがちだが、それぞれの土地に根付いた料理があるのだなあと思う。本書にも出てくるが、日本のイタリア料理でも、漠然とイタリア料理だと言っている店、北イタリア料理とかエリアを限定している店(シェフの出身地だったりすることが多いが)、日本の食材の産地にこだわりその食材を活かすイタリアンを探求する店、ナポリタンなどを提供するなんちゃってイタリアンなどあるが、自分も、もっとイタリアのどこの料理か気にするべきだと思う。

2 件中 1 件~ 2 件を表示