サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/11/17 19:11

投稿元:ブクログ

母娘と暮らしていた表紙絵の犬が母と共に津波にのまれて一大事を娘に知らせに行くのだけれど、誰も犬の存在に気づいてくれない。それはもう肉体を失ったから。
それでも生き残った娘に寄り添って行動を見守っている。
のちに母親の遺体は見つかる。
遺体回収は人間のみに限られていて動物は回収されなかったそうだ。
事実に基づいて描かれた絵本で表に出ないけれど悲しいことが沢山あったのだろうなと胸が痛む。
巻末には他にも犠牲になった動物たちを大勢の作家さんが描いてくれて思い出のコーナーみたいで泣きそう。
地震だけなら立ち直りも早かっただろうに…。
津波がもたらした悲劇は本当にむごい。

1 件中 1 件~ 1 件を表示