サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

トンチのきいた植物図鑑

2016/11/29 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当は存在しない植物が、文字を加えただけで、さも本当に存在するかのような錯覚すら覚える不思議さを含んだ、大人向け絵本かなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユーモアの利いた〈図鑑〉

2016/05/21 09:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

図鑑といってもひとすじなわではいかない。現実にはない不思議な植物たちを奇想天外な空想力で描いた図鑑絵本だ。
わかりやすい例をひとつ挙げると、「馬車カボチャ」。描かれているのはかぼちゃの形をした馬車と、それに乗っている人、御者、馬。つまり、このカボチャは文字通り馬車になるカボチャなのだ。説明には「真夜中にならないうちに収穫しな」いと「馬車カボチャならぬ、どてカボチャになりはてる」との旨が付されている。
こういったひねりの利いた内容が次々に繰り出される。釣竿タケ、船トネリコ、音楽フランスギク…個性的な名前を見れば、その実態に興味が湧いてくる。最後に植物一覧があり、学名、科まで記されているという凝りようも嬉しい。
絵はいかにも外国の、やや古めいたタッチで、それがまた雰囲気を醸し出している。どちらかというと大人向けの絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独特の作風が魅力

2016/01/27 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーヒーマニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

摩訶不思議な植物たちが、ページをめくるごとに現れます。独特のデフォルメを加えた画風が目に留まって、思わず衝動買いした一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/27 20:50

投稿元:ブクログ

2016_06【絵本読了メモ】(160227 20:44)イバン・バレネチェア作、宇野和美 訳『ボンバストゥス博士の世にも不思議な植物図鑑』/西村書店/2014 Feb 28th/引用元として登場するオクタビウス・ガメラン博士『不可能博物誌』も読んでみたいものです/Bombastica Naturalis by Iban Barrenetxea

2014/12/25 16:34

投稿元:ブクログ

空想の植物図鑑。
緻密で美しくユーモラスなイラストに引き込まれました。
それぞれのページは独立していながら、よく見ると、別のページとつながっていたりして、ずっと楽しめます。

2014/05/25 16:25

投稿元:ブクログ

まず絵がすげーーー!!!
スペインの絵本て全然読んだことないのですが
人物が体のバランスとか独特で面白い……
植物図鑑もおもしろいですね、不可能博物史も是非!

2015/02/15 17:33

投稿元:ブクログ

奇妙な植物の絵と紹介文。これだけでも充分面白いが、それぞれのページの繋がりに気付いた時はさらにニヤリとしてしまう(特にコルクガシ!)
隅々までじっくり見たい、遊び心にあふれた絵本。

2014/01/29 16:48

投稿元:ブクログ

これは素晴しい!
気になる方は、ご本人のblogをごらんください。

西村書店のPR
「午前零時までに収穫すべき「馬車カボチャ」、自分をめでる鏡のついた「鏡スイセン」、「気球洋ナシ」「ラッパ銃オリーブ」……。
200年あまり前、すぐれた植物学者にして、自然哲学博士のボンバストゥス・ドゥルシメールが、これまでだれも思いつかなかったアイディアによってつくりあげた幻想植物図鑑。
2011年、第23回BIB(ブラティスラヴァ世界絵本原画展)金牌受賞作。」
Iban Barrenetxea
http://ibanbarrenetxea.blogspot.jp/

2015/02/21 16:08

投稿元:ブクログ

the fence of holly and the sox of cotton are helpful for people.

2015/03/13 12:48

投稿元:ブクログ

絵本だった。ネットで見た装丁が気に入って、他市の図書館から取り寄せてもらったのだが、ファンタジー小説だと思いこんでいたら…絵本だった。
ボンバストゥス博士の妄想植物図鑑。
絵も特徴的で面白かったし、自分だったらどんな植物があったら良いかなと妄想するのも楽しい。

2014/03/23 23:27

投稿元:ブクログ

きれいで楽しい「植物図鑑」。
またたくまに成長して誰も出られない迷路を作り出してしまう「迷路ヒバ」や、それぞれの木に一つだけ、その木になるクルミを開く鍵の形の実をつける「宝箱クルミ」。ピクニックに最適な「ジャムスグリ」「籠ヤナギ」「ティーバッグシナノキ」や仕事熱心な「案山子ユッカ」などなど。
ぜひ庭に育ててみたい植物ぞろいですが、「靴下ワタ」が地味に欲しいかな。
見開きで描かれた緻密でユーモラスなイラストは、ただ植物を紹介するだけじゃなく、ひっそりと物語をちりばめています。
青い鳥の動向、橋から落ちた老人のその後、あのページの男性とこのページの女性が…など、細かく見るのも楽しい1冊。

2014/09/21 21:09

投稿元:ブクログ

ユニークな空想上の植物たちが生息している風景が美しい挿絵で描かれているばかりか、実際にありそうな学名までつけられて取り澄まして並んでいるのが面白い。しかも「釣竿タケ」や「靴下ワタ」にはそれぞれ、奇妙な寄生虫まで住んでいる!永遠に咲き続ける「指輪イモーテル」の指輪が素敵だ。そして挿絵のあちこちには青い鳥が紛れている。青い鳥の飛んでいくその先、未知の新種はまだまだ空想の中にあるのだ。

2014/06/17 01:46

投稿元:ブクログ

ジャムスグリ、籠ヤナギ、ティーバッグシナノキの生えた丘でお茶会をしながら本を読み昼寝したい。馬車カボチャを育ててフェアリーマザーの真似事をするのも面白そう。ボンバストゥス博士の研究がどこかでまだ続いていたら良いなぁ。

2016/09/27 22:19

投稿元:ブクログ

月イチ絵本。
コレ好き。
こういうのかなり好き。
「実際にありそうで無さそう」とか「無さそうでありそう」とかではなく完全に「無さそうで無さそう」。
全く役に立たなそうなそんな植物ばかり。
もうそういうの大好き。
絵もかなり緻密で素晴らしいです。
日本語訳がどうにもくどくて読みにくいので、最初は訳者がヘタだなあと思っていたのですが、これも持ち味な気がしてきました。
わざとなら素晴らしい。
それにしてもラッパ銃オリーブの役立たずっぽさには感動すら覚えるなあ。

2016/04/13 00:47

投稿元:ブクログ

ちょっと不思議で独特の世界観好きです。あるわけないと感じつつ、あったら楽しそうと感じる植物も。絵も細かく丁寧で、植物図鑑のように楽しめます。ただし、小学生中学年〜大人の方が楽しめるかもしれません...。

16 件中 1 件~ 15 件を表示