サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

すてきな偶然

2017/02/12 16:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの有名な壁画はこんな風にして偶然に発見されたものだったのですね。
少年たちの冒険心ってすごい。
地元の人たちが大事に守っていたという事実も素敵。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/23 15:57

投稿元:ブクログ

(2017.01.23読了)(2017.01.23借入)
副題「ぼくらの秘密の宝もの」
東京の国立科学博物館でラスコー展が開催されています。
――――――――――――――――――――――
世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~
主催:毎日新聞社
会場:国立科学博物館
開催期間:11月1日~2017年2月19日
本展では、謎に包まれたラスコー洞窟の全貌を紹介するとともに、1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって、普段研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験することができます。クロマニョン人が残した芸術的な彫刻や多彩な道具にも焦点をあてます。
―――――――――――――――――――――――
ラスコー洞窟の壁画といえば、人類の芸術の始まりだったかなあ、と思って見に行ってきました。(2017年1月17日)
洞窟壁画の複製を見ることができました。
クロマニョン人が2万年前に書いたもの、とのことです。クロマニョン人は、現代人の祖先となります。
他の同時代の遺物も展示してありますが、骨で作った縫い針が驚きでした。
(以上が見たときのコメントです。)

活字人間としては、確認のために図書館で関連本を借りてきました。
1940年にラスコー洞窟が少年たちによって発見されたときの話を絵本にしたものです。
ラスコー洞窟のあるあたりでは、既に1901年にファン・ド・ゴームの洞窟というのが見つかっていて、旧石器時代の動物を描いた壁画があったということです。
従って、ラスコー洞窟を見つけてそこに壁画があるのを見つけた少年たちには、それがどんな価値を持つものであるかがわかったということになります。
作者あとがきによると1940年に発見された数か月後には、戦争が激しくなってきたため閉鎖されています。
1948年に見学が再開されましたが、1963年には、痛みが激しくなってきたので一般公開は中止になっています。
1983年には、洞窟の一部のレプリカを作りラスコーⅡと名付けて公開しています。
ラスコー洞窟の壁画の写真を多数見たいのですが、この本には、写真は付いていません。
(2017年1月23日・記)

2017/02/01 01:20

投稿元:ブクログ

ラスコーの洞窟は歴史として知っていたけれど、そうか、最初はそんな古い時代の人が書いたなんて思われてなかったんだなぁ・・・
こういうすごい発見を子どもたちがするんだなあ・・・
おもしろかった。

2016/05/14 12:21

投稿元:ブクログ

南フランスの町モンティニャックに住む4人の少年達は貴族が隠した財宝を探そうとしていました。ところが見つけたのは17000年前のラスコーの洞窟でした。単なる探検から思わぬ世界遺産を発見するわくわくする絵本。

4 件中 1 件~ 4 件を表示