サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

副題の「英語知の追及」が本来のタイトルだったように思える。

2015/10/01 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題になっている二つの英語にまつわる社会現象に反論する、という表題。
そのとおり!とタイトルに強く同意しつつ読んだ。

英語エリート教育の在り方と、文法をきちんと習得することの重要さについては、渡部氏なりの考察が展開されていて面白かった。
英語を実用としてばかりとらえず、素養教養として学ぶ意義については心から同意。
実用的でなければだめだというなら、数学の微分積分なんか無駄の極みということになる。
人間としての知力を鍛えるための意義が、英語という科目でもっと見直されてよいと思う。

本書で渡部氏が語っているのは「日本の文法中心教育は必ずしも間違っていない」という論と「日本人の高度な知力に貢献してきたのは、漢文の素読という究極の訳読方式の追及だった」という話。そして日本の官僚が海外との政治的駆け引きにおいて、英語を駆使して戦えるようになるにはどうすべきか、という提言。

この方が見ているのは、どこまで行っても最低限が上智大学レベルのいわば語学エリート層であって、語学を得意としない中間層以下の学生は視野に入っていない様子だ。
できる層がより伸ばせる環境が未整備なのは現実なので、それはそれで別の議論として、現状の「日本人の英語力を上げる」というテーマにまつわる諸方面での迷走ぶりを軌道修正するインパクトはなかった。

一方で表題の「社内公用語」の問題については、ちょこっと触れた程度でほぼ何も書かれていない。
早期教育についてはそれなりの紙数が割かれているが、基本は他の研究者の論説の紹介で斬新さはない。この方が紹介することで、世により広く知られることに意味はあるだろうが、表題にするほどの内容はなかった。残念ながら看板倒れだ。

副題の「英語知の追及」が本来のタイトルだったように思える。
出版社が話を採録してから、売れそうなタイトルを後付けしたのだろうか?
看板と中身がかなり食い違うことさえ念頭にあれば、参考になる話ではあるので、ちょっと残念・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/15 19:29

投稿元:ブクログ

この本は、英語教育にかかわるすべての英語教師、英会話教育にかかわるすべての教育家、英語に関連したすべての教育事業家が絶対に読んでおくべき必須の本である。これを読まずして英語教育にたずさわることなかれ。

2015/05/16 11:30

投稿元:ブクログ

外国語をマスターするにあたって、どのあたりのレベルを目指すかによって、勉強方法や超えなければならないハードルの数や高さは変わってくるというのが前提です。その上で、自分とは意見が異なる点がいくつかあるが、概ねこの本に書いていることに賛成である。文法は外国語の構造やメカニズムを理解するのに大きな武器となる。赤ちゃんが親の言葉をききながら自然に母国語を覚えていく過程、つまり日本人が自然に日本語を覚えていく場合は特に文法の知識がなくても問題・障害はない。しかし、この過程を経ないで外国語を習得するには、文法をマスターするのは遠回りのようでいて、実は確実に近道なのである。文法を知らなくても、片言の外国語をしゃべれるようになるが、あるレベルで上達が頭打ちとなってしまう。かつて、自分が英会話ネタを頻繁に書いていた時期に、文法の学習を頭ごなしに否定してくる若い人が何人かいて、ああ、誰かに変なことを刷り込まれてしまったのかなと、ちょっと悲しい思いをしたことがある。文法をしっかり覚えるか、無視するかは個人の自由だけど、高いレベルまで上達したいなら文法は知っておいて損はない知識なんだけどな。。と歯痒い思いをしたものだ。
若いうちにしっかり勉強しておけば後で役に立つ優れた日本の受験英語であるが、実は大きな欠陥もある。10年以上英語を学校で一生懸命勉強しても、ぜんぜんしゃべれるようにならない、聞き取れないという、日本人に英語コンプレックスを植え付けている根本的な問題も持っている。
確かに受験英語で高得点をとれるだけの文法知識があれば、高度な論文を英語で書くことにそれほど苦労しないかもしれない。しかし、日常生活に必要不可欠な小さな子どものうちに覚えて、おとなになって、死ぬまで使う当たり前でしかも自然な表現の知識がすっぽり抜けているのだ。
たとえば「彼女は長い髪が似合うのにな」という日本語を仮定法のwouldを使った自然な英語にすっとできる人はすごいです。高学歴で英語の成績が良かった人ほど、相当な難関ではないでしょうか。かつて英会話学校に通っていた時期がありましたが、これが出来る日本人は通訳の卵の人たちを除いて皆無でした。でもネイティブにしてみれば8歳レベルくらいです。この手の英語がすっぽり抜け落ちているのが日本人が英語が喋れない原因となっているとわし個人は考えています。

ちなみに答えはShe would look beautiful with long hair.答えを見ればなんてことはない英語ですが、とっさにでてくるかとなるとどうしょうか?beautifulの部分はgoodでもprettyでもなんでもよいです。
こういう英語を学校でもいっぱい教えてくれるようになれば、日本人の英語コンプレックスもなくなっていくのではないかと個人的には思います。
これは種明かしすると、今は夜逃げしてなくなってしまった渋谷の英会話学校Howdyにて叩きこまれたものです。

2014/03/20 23:38

投稿元:ブクログ

保守論壇のヒーロー渡部昇一先生の英語学習論『英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし 』。
英語学習のためのハウツー本ではなくて、英語学習をどうとらえるかという大局的な内容。

ご自身の体験と、日本の偉人たちの言語(英語習得)に対する、深い洞察

40年前に雑誌「諸君!」で行われた平泉渉氏との「英語教育大論争」において議論された内容からも、渡部先生のブレない英語学習観に心打たれた。

まずは国語の習得や知性が必要なようだ。

読んでいて、自分の知性のなさを痛感することになるのが多少辛いけども、何のために英語を学ぶかという根本からズバリと指摘してくださっている。

ところでタイトルでは「早期英語学習について、百害あって一利なし」とされているが、「早期教育が有効なのはリスニング」と一利をみとめておられる(笑)。

----------------
【内容(amazon内容紹介より)】
大企業が「英語で会議」を採用し、幼児・小学生向け英語教育産業も注目を集めている。しかしそれは英語上達の弊害になるばかりか、日本文化をも衰退させる愚かな風潮である。世界で屈指の英文学者の著者が60年の集大成をこめて本当に英語を話せるようになる方法を教える書き下ろし第一弾!
———————
【著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)】
渡部/昇一
評論家。上智大学名誉教授。1930年生まれ。1955年上智大学大学院修士課程修了。ドイツのミュンスター大学、イギリスのオックスフォード大学に留学。ミュンスター大学哲学博士(1958年)、同大学名誉哲学博士(1994年)。歴史、文明、社会など幅広い分野において、評論を展開し続けている。第24回エッセイストクラブ賞、第1回正論大賞受賞
----------------
【目次】
第1章 早期英語教育~何が問題か
第2章 英語教育論議の勘どころ
第3章 漢学の伝統が日本人の知力を養った
第4章 日本の英語教育を振り返る
第5章 私の外国語体験
第6章 日本の英語教育への提言
————————

2016/07/30 22:43

投稿元:ブクログ

本書内でいっていることが少々矛盾している点がどうも…。
早期英語教育自体は否定するといいつつもリスニングは早期教育OKと言ってみたり…。

国語力が大切などなど賛同できる点も多いが、ところどころに見える著者の日本人は優秀だからできる的な主観が邪魔でした。純粋に英語教育だけに論点を絞ってほしかった。

国語が重要か、英語が重要か、ではなくどちらも重要で、そのどちらもしっかり教育するためには行政や現場は何をスレばいいのかといった話題に踏み込んだ方がよっぽど面白かったと思う。

5 件中 1 件~ 5 件を表示