サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

リヒャルト・シュトラウス 鳴り響く落日

リヒャルト・シュトラウス 鳴り響く落日 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2017/01/19 22:13

投稿元:ブクログ

 超人が下山して夜明けがきた。トランペットのハ長調の主題は全曲を支配する宇宙である。宇宙は人間と対立する。ロ長調の主題は人間の憧れである。宇宙の謎を解こうと人間は欲望した。神という妄想を見出した人間は弱音器をつけたホルンである。大いなる憧れに歓喜し半音階的に下降進行する情熱は荒れ狂い嫌悪のトロンボーンが鳴り響く。主題はすべて呈示した。

2017/01/06 10:31

投稿元:ブクログ

 これまでブルックナーとマーラーの評伝を上梓してきた、ギタリスト/著述家によるリヒャルト・シュトラウス伝。
 序章はナチス・ドイツが崩壊した直後、トーマス・マンの息子クラウスがシュトラウスを訪ねた際のシュトラウス一家の脳天気ぶりを書く悪意に満ちた記述から始まる。「恥知らずのエゴイスト」。確かに彼はエゴイストだと著者は述べる。しかしそれは利己主義ではなく、究極の個人主義である。彼はユダヤ人迫害に荷担したことはなく、迫害に歯止めを掛けていたが、それを喧伝することはない。シュトラウスは常に淡々としている。
 『第三帝国の音楽家たち』のケイターは戦時中のフルトヴェングラーが不当に美化され、シュトラウスが不当に貶められていると述べているが、本書はそれと認識を一に、改めてこの巨匠の姿を検証しようという姿勢で書かれている。ナチ協力者のほかに彼に投げかけられた毀誉褒貶、いや毀貶は、恐妻家、守銭奴、冷血漢などであるが、それは事実のごく一面や上っ面をみているに過ぎないことが検証されていく。
 そして、あとがきで、「シュトラウスの交響詩が嫌いな人には、もう一生聴かなくてもいいから、彼の器楽曲や、ピアノ歌曲やオーケストラ歌曲を、ついでにオペラを聴いてごらんなさいと言いたい。ここにはまだ一生分くらいの楽しみがある」と述べる。まさにその通り。
 シュトラウスの人柄を示す細かなエピソードもよく拾われていること、オペラのあらすじがすべて掲載されていることが、本書の大きな特徴である。

2 件中 1 件~ 2 件を表示