サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

ひゅうおどろ 煤川石坐の怪異譚

ひゅうおどろ 煤川石坐の怪異譚 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/04/29 00:59

投稿元:ブクログ

●昭和初期の話だったのか。冒頭に、時代背景の説明がなかったので、勝手に明治あたりの話かと思っていた。

●綴・紡の台詞がやあ現代風。ネット小説というか。ありていにいえば、銀●を思い出してしまった。台詞がかった台詞というか。

●これは、ラノベ全体に言えることかもしれないが、描写にあまり行を割いていないのが気になった。美しい少年って、どいういう風に美しいの?

●全体を読んだ感想としては「面白かった」

●ただ、鬼子として、父以外の親族から鼻つまみものとして扱われていた半神半人の石坐が、どうして人間の安否を気遣う事が出来るのが気にかかった。世捨て人で厭世的なキャラなのか、そうじゃないのか。主人公のくせに、キャラがぶれている気がするのは、私の思い違いか……。

●石坐の母親の正体や、謎の人物など、説明がされないままで終わってしまった。……これは、続刊フラグ

●「アテルイは、坂東では英雄なんだけどな。悪く描かれているのは、関西の朝廷の作為なんだけどな……」とあとがきをみて思った。アテルイ、倒されるべき対象としてバリバリ悪者に描かれてましたね。言っても仕方がないことだとは思うのだけれども。

1 件中 1 件~ 1 件を表示