サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

教養としてのプログラミング講座(中公新書ラクレ)

教養としてのプログラミング講座 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー60件

みんなの評価3.4

評価内訳

60 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

最近のプログラムはこんなになっているのか!!

2014/07/30 17:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro190 - この投稿者のレビュー一覧を見る

始めのほうは当たり前のことが多くてあまり面白くは感じられなかったが、
Chapter4以降は最近の簡易なプログラムの実例を含めた紹介があり
これはとても面白かった。また、友達が面白いといっていたラズベリーパイ
にも触れていたのでさすがと思った。(私が遅れているのかも知れませんが)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/27 12:48

投稿元:ブクログ

大人にはつまらない。期待した教養のレベルが違った。論理的にものごとを考えたことない人には面白いのかもしれない。

2014/09/17 19:05

投稿元:ブクログ

うーん。
ものすごく基本的なプログラミングのお話。まずは、コンピュータを使わずに、プログラミングというのはどういうものかというお話から。
なるほど、こんな切り口があるのかという感じです。

まあ、役に立つかというと微妙です。
ようするに、段取りについて考えろということですね。

段取りの段階を全部スモールステップにして切り出すというのは、大事なんだけれど、なかなか難しいですよねぇ。
でも、そのスモールステップを切り出せるかどうかで、人にものを教えたりするときの効率は明らかに変わってきます。

ただ、それを明文化してしまうと、弊害もあるのもたしか。
1回プログラムが書かかれてしまえば、その部分、部分というのは、交換可能な部品でしかなくなってしまう。

まあ、それは、部品にとっては多分、大変都合が悪い様な気がします。
多分、他人を部品みたいに利用することに抵抗はなくても、自分が部品として扱われることには抵抗があるだろうしね。

頭脳の方は、動きやすい手足があれぱいいので、その手足がどんな部品からできているかは、あんまり気にしないのかもしれないけれど。

でも、プログラムすることすら、プログラムできちゃう未来がくるのかもしれない。
そうすると、頭脳すら、すげ替え可能な部品なのかもしれない。

いや、IT関連の企業の激しい移り変わりを見ると、実はもうそういうことは起こっているのかも。

2016/05/01 00:39

投稿元:ブクログ

プログラミングした対象が期待通りの動きをしなければ、それは全て命令を下したプログラマーの責任。指示を漏らした自分にこそ責任があると、自戒しなければなりません。

2014/07/29 23:25

投稿元:ブクログ

タイトル通りですが、これを読んでもコンピュータプログラミングはできません。「プログラミング」の考え方はわかります。

ただ、ちょっと読んだだけでは身につくものではないので普段から意識しておかないと身につかないですし習慣づけないといけないものだと思います。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4716776.html

2015/12/17 08:47

投稿元:ブクログ

"プログラミングとは、一言でいえば「自分以外のものを、思い通りに動かす方法」のこと。(P5)"
この考え方に基づいた「日常生活に役立つプログラミング的思考法」とでも言えばいいだろうか。そういう本。プログラミングそのものを知りたかったので、求めている内容とはミスマッチだった。でも確かに、考え方の気づきを与えてくれる内容ではありこれはこれでおもしろく読めた。

著者が開発に関わったビジュアルプログラミング言語「MOONBlock」を使ったプログラミング講座はとっかかりによさそうなので、実際にPCでやってみようと思う。

2014/03/31 21:26

投稿元:ブクログ

プログラミング教本の第一章をていねいにていねいに開いたような本。プログラミングというものの考え方、思想の根本みたいなものをわかりやすくコンパクトにまとめてあります。

2015/02/15 00:40

投稿元:ブクログ

プログラミングがどういうものか分かんないし自分の人生には関わらないと思ってる人が読むと、それなりに蒙が啓けるのかもしれない。
教育関係の人が読むと良いのかも?

2014/03/16 22:11

投稿元:ブクログ

最後の慶応大学の増井教授の試み。全世界プログラミング
つまりはルーチン化できることは機械に任せるという判断。では発想することに人間は注力するべきということなのだろう。

2014/04/22 07:35

投稿元:ブクログ

EnchantMoon開発者の清水さんの文系向けのプログラミング講座をまとめたもの。
大学入学生向けの内容で、全くこういう本を読んだことのない人には良さそう。
私はつまんなかったですが、想定読者層では無かったということなので、まぁ。

2014/03/26 12:44

投稿元:ブクログ

何十年か先には、今ある職業のうち半数がIT化の影響でなくなるかもしれないとニュースで見たことがあります。
そんな中にあってはまさにプログラミングは教養ですよね。

悪いプログラミングを例えるのに、週刊アスキーの最新号と安いバナナの例えは的確すぎて電車の中で笑いそうになりました。
同時に、今まで世の中にこういう言葉で進んできた事柄がいかに多いことかと思ってしまいますね。

あと、この本のハイライトはチャプター3だと思います。自分もプログラムは少し読んだことがあるくらいで書けはしないのですが、エッセンスは凝縮されていると思いました。

あと最後のチャプター5では生物学的な話まで言及されてます。まさかプログラミングが生物学的な話につながるとは。おもしろい。

2014/04/25 09:21

投稿元:ブクログ

非常にキャッチーな内容でよい新書。
プログラミングをルールの自動化設定ととらえて、汎用的な概念としてとらえている。「あれもこれもプログラミングだ!」という論に若干無理を感じながらも楽しく読める。

基本的な関数、条件分岐の考え方をまなべ、コンピューターサイエンスが何をやっている分野がざっくりわかる。
どの章もおもしろかったが、とくにITの歴史の章が良かった。

2014/03/26 11:15

投稿元:ブクログ

今後プログラミングを学ぶことになるかもしれないお子さんをお持ちの親御さんや、実際にプログラミングに手を出すのは腰が引けるが「教養」として知っておきたいという社会人の方々に読んでもらいたい一冊。

書評はブログに書きました。
http://unsolublesugar.com/20140311/013210/

2014/04/26 13:50

投稿元:ブクログ

まさしく教養としてプログラミングを学ぶ、初心者のためのプログラミングとして最適なのではないか。とにかくわかりやすい。誰もが簡単にプログラミングできる未来像も面白い。

2014/03/23 10:26

投稿元:ブクログ

20140323 コンピュータを動かすだけがプログラミングでは無いと言う指摘は新鮮だった。意識していなかったがコンピュータを巡る環境はどんどん進化しているようだ。誰でも出来るという方向なのが嬉しい。

60 件中 1 件~ 15 件を表示