サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

生活考察 Vol.05

生活考察 Vol.05 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/03/31 00:49

投稿元:ブクログ

「その人がなんでもないと思っている普段の生活が一番おもしろい」を証明してくれるエッセイ誌。私はこのNo.5が初めての出会いとなりました。おもしろい。ほかもぜんぶほしい。

小山田浩子、円城塔、松田青子など話題の作家陣をふんだんに取り入れていることだけでも驚嘆の「へーっ!」の叫びに値するものですが、書かれているものまでおもしろい。定価810円でよいのでしょうか。エキマエでラーメン食ってる場合ではありません。

いくつか、言葉にしておきたかったものだけピックします。

阿古真理×吉田アミさんの「ごちそうさまが、よみたくて。」。群を抜いておもしろかったです。勉強になりました。「真上から料理を撮るのって、日本ではどのあたりから始まったんでしょうね?」「(略)『ピー・アンド』っていうマタニティ雑誌ですね。八五年ぐらいにやったそうなんですが…(略)」――こんな会話がどうしたらさらっとできるようになるのでしょう。自分の身の程を痛感いたしました。
料理の現代史と社会学がそれこそカフェ・プレートになって出てきたような内容で、たいへんおいしゅうございました。

小山田浩子さんの書いたものは恥ずかしながらこれがファースト・インパクトでした。ああ、本当に文章のうまい方だ、と感心しきりでした。胸糞の悪いできごとが、あろうことか自分の幸福なはずの未来につながり、水に墨を垂らしたように広がっていく。その動線の描き方が巧みでした。

須藤輝「カラダのこと」はじんわり一日の時間の流れが感じられる文章で心地よかったです。読者一人を相手にしていると言えばいいのでしょうか。すごく丁寧で、良い意味でマスっぽくない。これぞ「生活考察」だな、という内容。

田中秀臣「おまえも明日はハゲるだろう」。ハゲから始まるハエの遺伝の話、熱中症、そして経済学…。「そ、そういうことだったのか!!」(初めの一文字だけの『そ、』が重要)と脱帽しかけました。なんでしょうねー、この説得力。

次号も読みます。

2014/05/16 08:10

投稿元:ブクログ

青木淳悟「必要は発明のFAX」
小山田浩子「逆子と盗っ子」
松田青子「店員考」
木下古栗「爆乳は一見にしかず」
戌井昭人「生活逃れの馬鹿者 第5回」

2 件中 1 件~ 2 件を表示