サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

バルセロナ、秘数3(講談社学術文庫)

バルセロナ、秘数3 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/02/07 09:42

投稿元:ブクログ

祝復刊

講談社のPR
「秘数3と秘数4。3は、結婚とエロティシズムの数であり、2と1がひとつになって運動を生み出し、世界を作る。一方で、4は3が作り出した世界に、正義と真理、均整と均衡を与える。秘数3と秘数4の対立と闘争が、西欧キリスト教文明のダイナミズムを生み出してきた。このふたつの秘数を都市の四次元空間で統一し、よろこびを生み出す幸福のバルセロナ紀行です。」

2016/11/07 08:28

投稿元:ブクログ

著者がバルセロナを旅した際に体験した出来事を記した、という形式で書かれている。冒頭で不思議な酔っ払いが示した数である3、そしてそれと対立する数4がキーワード。3は非シンメトリー、4はシンメトリーを表し、その2つの数の相克がヨーロッパ=キリスト教文明のダイナミズムを作ってきたとする。つまりキリスト教は一神教なのに、ユダヤ教やイスラム教と違って内部に不安定性を抱え込んでいるが、これが芸術、思想、テクノロジーにおける「歴史」の発生の可能にしてきたとする。

2 件中 1 件~ 2 件を表示