サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/09/21 02:11

投稿元:ブクログ

現代のC++になくてはならない機能テンプレート。
しかしこの本で述べられているのは、プログラマーが普通に使う範囲の話ではなく、テンプレートクラスライブラリを自分で書く人でもなければ使わなそうなレベルの話である。
序盤のテンプレートの基礎の復習を除けば何のためにそんなものを用意するの?という話が続く。
これに、最近のC++で導入されたこれこれの機能を組み合わせるとこういう動作をする様になるので、それをこういう意図に使ってこういう機能と組み合わせると、こういうクラスの時にこういう動作をするので〜という話が延々続く。
結局のところ、STLやBoostの様なテンプレートクラスライブラリを作ろうと思ったら、ユーザがどんなクラスをそれらと組み合わせても破綻させないためには、テンプレートクラスの側から組み合わされたユーザ定義クラスの側の情報を抜く機構が必要なのだろう。
ほとんどの普通のC++プログラマーには不要な本である。


本書を読んで思い出したが、STL出始めの頃はなんだかiteratorを使ってloopを回さなきゃいけな様な気がして読みにくく書きにくいコードを何度も書いたが、iteratorが表に出るというのはやはり間違いで、要するに当時lambda式とfor_each()が欠けていたために普通のプログラマーまでiteratorを触る羽目になっていたんだな…

2016/02/02 11:46

投稿元:ブクログ

読みやすく面白い。
前半は役に立つし、知っておくべき知識だと思う。
でも、後半はSTL級のライブラリでも作らない限り、必要ないテクニックな気がする。少なくとも今の自分にはレベルが高すぎる。

2 件中 1 件~ 2 件を表示