サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2014/03/26 14:16

投稿元:ブクログ

読み助2014年3月26日(水)を参照のこと。http://yomisuke.tea-nifty.com/yomisuke/2014/03/php-6902.html

2014/07/27 10:32

投稿元:ブクログ

タイトルが気になって手に取った一冊である。
実のところ著者は、スマイレージの1人であった。全然知らなくて恐縮であるが、内容は極めて面白く読みやすくできている内容である。
著者は、アイドルでありながら、美術を学んでいるということで、本書の内容は、着眼点もしっかりしていて、感心してしまう。
美術を知らない。興味はあるがよくわからない。そういった人が美術に対してわかりやすく解説しているのが本書である。

2014/04/06 12:58

投稿元:ブクログ

著者は、マネの黒に魅せられて絵を好きになったとか。絵の解釈が独特で視点が面白い。次作はピカソや現代絵画についても著者の考えを聞きたい。仏像にも興味あるとかで、それも楽しみ。

2014/06/23 13:25

投稿元:ブクログ

アイドルだからって嘗めてはいけない。

絵画が本当に好きだなって伝わってくる。
勿論最初から知識がある訳じゃなくて、
自分にとってピンとくる絵があって、
そこから勉強をしていって、、、。

この本の中で語られる 2種類の黒 に関しては
とても勉強になりました。はっとさせられました。

幾人かの画家を題材にあげて、
彼女自身がどこが好きになったのかを語っていく
文体はとても読み易かったです。

ただ単に絵が好き、ではなくて
「この絵のこういう所が好き」
っていうポイントを見つけて、
可能であればある程度経歴などを調べてから
その画家の美術展に行くとまた面白そうだと感じました。

 

2014/08/19 13:40

投稿元:ブクログ

中野京子さんの本を読んでからこちらを読むと、まだ文章や話のもっていき方が若いな〜と思うけど、その分取っ付きやすく、読みやすい。

美術に対する姿勢は本当に真面目で、若いからとかアイドルだからと侮れない。教わる部分がたくさんあった。

2015/01/02 23:37

投稿元:ブクログ

 本っ当に遠慮なく、絵から勝手な妄想を繰り広げていて「こうやって絵は楽しんでいいんだ!」とわからせてもらった。この画家に私を描いてもらったら・・・ウフフ・・・とかすごい楽しんでいる。それでいてかなり鋭い。
 一番すげーなーと思ったのは、パリという街に印象派の猛者が集ったように、日本もアニメとアイドルで「ここ!」という地になればいい、という意見。そこを結びつけるかー!と衝撃だった。

2014/03/29 22:23

投稿元:ブクログ

平易な文章で読みやすかったです。

彼女ならではの「かわいい」という視点で、様々な絵画案内をしてくれています。
有名な絵画についても「そういう捕らえ方もあるのだなあ」と思いました。また、まったく知らない画家さんのこともあり(この本にとっては欠かせない画家でしょう)、勉強になりました。

他の方も書かれていましたが、やはり新書ゆえに取り上げている絵画が小さいのが惜しいです。あとその隣ページにある画家の略歴(のようなもの)も少々読みづらかったです。本書全体のイメージの色の統一感があってよかったですが…。

「美術史」の本として読むと、ちょっとがっかりするかも。

(この本の目的でもあるのかな)自分のような超初心者には、向いている本だと思います。

彼女がアイドルグループの一員だとは知りませんでした。
アイドルとしての活躍と共に、今度は、もうちょっと踏み込んだ(テーマを絞った)本を読んでみたいと願っています。

2014/04/09 00:29

投稿元:ブクログ

アイドルによる絵画の解説書。
アイドル視点での絵画の見方や感想が綴っている。
絵画を観るとき「かわいい」という視点で鑑賞したことがなかったので、個人的には新しい気付きもあり勉強になった。
本人が、本当に美術が好きなんだなと文章からあふれでていた。

2014/05/18 02:56

投稿元:ブクログ

ブログに感想を書きました。
http://tsukimi6.hatenablog.com/entry/2014/05/18/025110

2014/07/20 04:24

投稿元:ブクログ

私にとっての「絵画入門」となった。
一人の女の子の目線から「かわいい」「きれい」「好き」が伝わってくるのがとてもよい。未知の世界を知る手始めの本には、知識よりも感動があったほうがやっぱりいい。書いている本人の和田さんには、きっとオタクと言えるような知識の量があるのだと思うけど、それを主張しすぎずに、「この絵はこんなイメージ」→「よくみるとここがすごい」→「実はこの絵は…」という流れで初心者の心をつかんでくれた。
また絵画とは関係なく、「勉強して知識が増えていくことが楽しい」といえる、その気持ちを嫌味なく伝えられる、和田さんがとても素敵。赤毛のアンみたいな。読んでいて気持ちよかったです。
20140719

10 件中 1 件~ 10 件を表示