サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

帝都・東京が震えた日 二・二六事件、東京大空襲(中公文庫)

帝都・東京が震えた日 二・二六事件、東京大空襲 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/10/24 22:12

投稿元:ブクログ

印象に残った話。
2・26事件で駆り出された兵士たちは「不問」に付されたはずなのに、召集→召集解除→再召集が繰り返され、「汚名をすすぐために全員白木の箱で帰還せよ」と訓示された。
「上官の命令を聞くと罰せられる。自分には陛下しか命令できない」と言い、部隊内で自活した兵士の話。
山下奉文とパーシバルの交渉は穏やかな事務的なものであったのに、「イエスか、ノーか!」の絵を描かせたのは大本営の参謀たちの増上慢。
東京大空襲を計画指揮したルメイに空自育成への協力を名目に勲一等旭日大授章を与えたということは無差別爆撃を容認する発想。

1 件中 1 件~ 1 件を表示