サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

八幡神とはなにか(角川ソフィア文庫)

八幡神とはなにか みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/05/10 22:38

投稿元:ブクログ

正直に言えば、学者さんの学者さん向けの文章であり、理解しにくい。その上、実は結論が明確ではない。そのことは著者自身が認めている。読むのに時間がかかった。けしていい文章ではない。それに著者自身が確信が持てずに書いている部分がある。とはいえ。
確かに様々な場所で「八幡大菩薩」という冷静に考えるとおかしい言葉を目にする。八幡は神社であるはずなのに、その下に大菩薩が来る。
ここを教えてくれただけで充分この本には価値があると思った。日本の神が悟りを経て、菩薩になったのだ。しかも様々な縁起を辿るとその年号まではっきりとわかっている。すごい話だ。物語自体には真実はないとしても、仏教を取り込んだ国家作りが行われていたことは確かだ。
この本だけではわからないことが多々あるけれど、門外漢にも納得する部分がしっかりとあった。

1 件中 1 件~ 1 件を表示