サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

王朝小遊記

王朝小遊記 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価2.8

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

要はどこなんだろう?

2017/03/05 08:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

つくづく諸田氏は平安時代の空気感を描くのがうまいと思う。
「髭麻呂」も好きだが、庶民目線多めの今作も好み。
ただ、登場人物がばらばらすぎて要がどこにあるのかがわからない。
最初に出てきた仲助の小悪党ぶりが強烈すぎて、その後の大悪党たちの個性が意外と目立たない気がするのも、ちょっともったいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/30 18:48

投稿元:ブクログ

ハッピーエンドだし、おもしろく読めた。ただ、髭磨呂の方がおもしろかったような気がする。連載だったせいか、つながりが悪いかも。
続きがあるかもと言う終わり方。この人の、作品をもっと読みたいなぁ。

このところ、好きな作家が、次々なくなって、新しい作品を読めなくなっている。

2015/07/12 21:29

投稿元:ブクログ

諸田作品はけっこう好きなんだけどなぁ。このお話は浅いというか、キャラクターがそれぞれ立ってるようで立ちきれてないというか…とにかくなんだか物足りなかった。縁もゆかりもなかった5人の男女が似非家族を装って悪者退治に奮闘するという筋立てはいいんですが、その5人が集まるきっかけになった千古姫を中心に据えた方がもっと面白かったんじゃないかな?とか思ったり。

2014/10/02 01:44

投稿元:ブクログ

平安時代の行きどころの無くなった、爺さん、元女房等、身寄りの無い5人が疑似家族を装ううちに連帯感が出て、、、という話。お話自体は単純で、あっけらかんとした平安悪者退治。

2016/08/18 08:00

投稿元:ブクログ

諸田玲子としては珍しい平安時代を舞台とした作品。

没落した下級官吏の娘、貴族の家司を辞めた老人、宮中に出仕した母に放置された少年、刀伊の入寇で戦った後に浮浪者の仲間となった若者、貴族の家の女官を辞めた女が、小野宮家(右大臣家)の千古姫の私的な従者として集められ、疑似家族として暮らしながら、小野宮家に害をなそうとしている者たちと戦う物語。

人食い鬼を退治したとの評判の美僧のもとに帰依する信者が増え、財宝が寄進されているとの情報がもたらされるが、その背後に貴族たちの権力威争いがあり、後ろ盾になって小野宮家を狙っている者がだんだん見えてくる。探っていくうちに先制攻撃を受け、敵地に乗り込んでの大乱闘となる。結末のお手軽なハッピーエンドも含め、諸田ワールドの心にしみる情緒がちょっと足りないかな。

2014/06/07 09:11

投稿元:ブクログ

平安時代を舞台にしたお話。登場人物が多すぎて貴族の名前が覚えられない。ゆえにお話に没頭できない。これは私の記憶力の低下のせいかwwやはりこの作者だと江戸物が読みたい。

2016/05/31 09:42

投稿元:ブクログ

平安京時代の暮らしと背景が、描かれているが、華やかな貴族でなく、没落貴族が、どのように生き伸びていったか?と言うのを面白可笑しく描かれている。

藤原氏の時代背景が、理解していると言う前提で、描かれているので、歴史を思い出して、読まないと、誰であったか、忘れている。

平安京図が、最初に書かれているが、時代背景を書いて、登場人物の事を書いて下さっていたら、もっと読みやすいのに、、、(この話自体、コミック的で、面白いのだが、、、)

登場人物の名前も面白く、片仮名表記で、最初からの人物が、段々と、最後になって行くうちに、全員が集まり、老若男女が、一つの偽家族になり、悪者を退治へと、、、、
老僧が、憎い役割をしている所が、この本の良い所だ。
全員が、生きて、これからの人生を、前向きに向かって行く結末は、良かったと思う。

2014/07/01 22:27

投稿元:ブクログ

千年前の京の都で集まった5人の男女のパーティーによる冒険譚とでもいうような物語。
あまり興味をひきませんでした。

2015/03/24 12:50

投稿元:ブクログ

平安時代の背景の説明がよくわからず、
登場人物の設定がのみこめないまま読み進めてしまったせいか、ちんぷんかんぷん。

悪者退治に集められた精鋭たちの活躍も今ひとつだったかな。
残念。

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

【爛熟期の平安京から庶民の泣き笑いが聞こえてくる――】後一条天皇の御世、藤原道長のライバルのもとに参集した世のはずれ者達。没落貴族、市井の物売女らが鬼よりも悪辣な敵に立ち向かう。

10 件中 1 件~ 10 件を表示