サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/07/14 22:33

投稿元:ブクログ

 うーん…………。
 あまりにも舞台が壮大過ぎて、たぶん10分の1も理解してない。
 登場人物紹介があったら楽だったなぁ。
(話の展開上つけにくいんだろうけどね)

 ただ、分からないなりにオマルの世界が面白かったので、再読したい。

 全く関係ないけど、この本のタイトルを口にするとそれだけで笑えるんだけど、固有名詞って難しいね。

2014/08/06 23:26

投稿元:ブクログ

 地球の5000倍の表面積を持つ惑星オマルで、異なる種族の男女が謎のチケットを手に入れて、飛行船に乗り込む。
 海賊の襲撃を受けて漂流する飛行船の上で、かろうじて均衡状態にある彼らは、ひとりずつチケットを手に入れた経緯を話し始める。

 謎に満ちた種族の出自や、惑星の支配状況が徐々に明らかになるが、宗教、政治、戦争のよくある話が繰り返されて、わざわざこの舞台設定にした理由がわからないまま、最後にとってつけたような秘密が明かされて終了。長い割には、発想が貧弱で退屈なSFだった。シリーズになっていると知ってびっくり。

2016/10/31 19:02

投稿元:ブクログ

長かった。先が知りたくてとりあえず全部読んだがどの登場人物にもあまり共感できない。シレ族、ホドキン族の造形すらいまいちはっきりせず、挿絵でもあるといいのになと思った。

2014/05/02 17:51

投稿元:ブクログ

・帯に、ハイペリオンを凌ぐとあるが、それは言いすぎ
・冒頭の緻密さに比べて、後半、だんだん雑になっていっている。連作だそうだが、続編への期待感は薄い

2014/07/09 10:19

投稿元:ブクログ

う~ん。
これがフランスのロニー賞を獲った作品?
冗長な展開だよね~。どこにクライマックスがあるの?
設定は面白い、全くの異世界、異星人、異文明、3種類の知的生命体が住むオマルと称される巨大な大地。
惑星という概念もなく、空を飛ぶのは飛行船、星間航行の技術は失われた世界。
スチームバンクの要素を取り入れた異世界SFというところでしょうか。
「フェジー」というチェスの様な、碁の様な、ゲームが物語の重要な部分を占めるがこれがダルイ。
3種族の身体的特徴の描写は面白いし、(特にシレ族は見たいね)飛行船の形状も面白そう、物語の端緒となる卵の殻も。挿絵かイラストでも入れてくれたらもう少し物語に入り込めたと思うんだけど。それだけ残念!

2014/06/04 21:47

投稿元:ブクログ

「ハイペリオン」を凌ぐとアオられちゃ、信者としては試さねば! で、読み終えたが、凌ぐどころか真似っこじゃん…。出来は悪くはないが、キャラ、設定すべてが焼き直しに見える。これでシリーズ追ううち、強き彼女とハーフヒューマンの彼の娘が、世界をこう作った創造者とアクセスして全種族を解放するって展開じゃないのー?と予測してしまうなぁ。それくらいソックリ。こんなのアリなのかしらー??

2014/06/22 19:51

投稿元:ブクログ

最初にタイトルからおまる(アヒルのヤツ)を思い浮かべてしまい、どんな物語だろうと粗筋を読んだらそのギャップがツボにハマりました(作者さん、すいません)。あまりSFは詳しくないので語れないのがちょっと悔しいなと初めて思いました。未知の世界と種族と言葉から説名がほとんどないため、想像の翼を広げるしかないので自分の脳内変換では力不足だけど謎が多過ぎるオマルの世界を結末まで見たいし知りたいのに翻訳がまだされてないのが残念すぎます。

7 件中 1 件~ 7 件を表示