サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2016/10/02 15:04

投稿元:ブクログ

ガルシアマルケス「ぼくはスピーチをするために来たのではありません」 http://www.shinchosha.co.jp/book/509019/ 読んだ。約40年間のスピーチ20本は雄弁で問題提起に満ちていて、真摯な人柄が垣間見える。小説以外も外伝も知らなかったので暗殺危機や困窮時期を初めて知った(つづく

本の作りに欲を言えば、各章最後に記載された講演会名や会議名を、最初に判ったうえで読みたかった。どういう場でのスピーチか趣旨を知らずに読んでも、何を言っているのかピンとこない。巻末の訳者あとがきが充実していて、本編のリファレンスと外伝になっている。訳はもちろん木村榮一さん(おわり

2015/01/13 12:06

投稿元:ブクログ

ノーベル賞作家であるガルシア・マルケスの講演集。ガルシア・マルケスは「百年の孤独」でノーベル賞を受賞した。彼の話を聞きたがる人は多かったが、彼自身は講演が苦手だったようだ。それでもいくつかの節目で講演を行い、ラテンアメリカの発展のために尽力した。彼の講演スタイルは、まず自身のエピソードを紹介し、その日の聴衆に合わせて見解を述べるスタイルだった。これが彼の持ち味で、聴く人に感銘を与えるテクニックだったのだろう。彼は言葉の力を信じていて、言葉に纏わる面白いエピソードがいろいろ紹介されている。
軍人相手に講演した時の締めの言葉が印象に残った。「あなた方一人ひとりが背嚢に常に本を一冊入れておけば、皆さんの人生はもっといいものになるはずです」
現代の読書好きには当たり前の習慣だけれど、当時のコロンビアの環境、読書習慣のない人達に対して彼の想いが伝わってくる言葉だと思った。

2014/07/07 23:14

投稿元:ブクログ

今年4月に亡くなったガルシア=マルケスの講演録。
ぼくは死にませんではなく、ぼくはスピーチをするために来たのではありません。

彼はスピーチや講演がイヤでしょうがなかったという。えーそうかあ?中身読むとそんなことないような気もするけど。

南米の複雑な政治状況下で激動の作家人生を歩んできたガルシア=マルケスの言葉は、一語一語がさすがに重い。

新世界の基本ツールは想像力。文化がすべてと言い切る。並の人間が言っても説得力はない。

NHK100分de名著に「百年の孤独」を希望。

2014/03/17 18:16

投稿元:ブクログ

言葉は判らなくても、どんな風に語られたか、知りたいところです!

新潮社のPR
「伝えに来たのです。伝えなければならないことだけを――。かくて、スピーチ嫌いの作家が生涯に22回だけ壇上で語った全講演の記録。」

2016/10/02 14:58

投稿元:ブクログ

ガルシアマルケス「ぼくはスピーチをするために来たのではありません」 http://www.shinchosha.co.jp/book/509019/ 読んだ。約40年間のスピーチ20本は雄弁で問題提起に満ちていて、真摯な人柄が垣間見える。小説以外も外伝も知らなかったので暗殺危機や困窮時期を初めて知った(つづく

本の作りに欲を言えば、各章最後に記載された講演会名や会議名を、最初に判ったうえで読みたかった。どういう場でのスピーチか趣旨を知らずに読んでも、何を言っているのかピンとこない。巻末の訳者あとがきが充実していて、本編のリファレンスと外伝になっている。訳はもちろん木村榮一さん(おわり

2014/06/01 21:05

投稿元:ブクログ

巨星墜つ。
今年の訃報で何よりがっかりしたのはマルケスの死のニュースだった。
確かにかなりの高齢ではあったのだが、特に大きな病気の報せも無かったので、意外でもあった。
これで、益々ラテンアメリカの革命(旧い世代の政治的な革命では無く、より社会的な意味を持つ)は遠のいてしまったのでは、という感慨がよぎる。
その長く、輝かしい作家生活の中(本人はそう思ってないにしろ)で貴重な生の声を収めた本書は非常に興味深い。

2014/06/18 22:00

投稿元:ブクログ

とにかくガルシア・マルケスの文章が面白い。
彼は生前スピーチ嫌いだったそうだが、鋭いユーモアを誘うところから決してスピーチ嫌いが書くようなものではない。
おそらく、準備に時間がかかったのかもしれない。

文章がとてもいい。ガルシア・マルケスの作品をもっと読みたくなった。

7 件中 1 件~ 7 件を表示