サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

鼻に挟み撃ち 他三編

鼻に挟み撃ち 他三編 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/06/01 23:44

投稿元:ブクログ

読み終わった、と言っても、表題作のみの読了。でも他作品は読むつもりがないので文字通り読了。面白く読んだのだけれども、この、ちょっと鼻白む感じはなんだろう。

2015/01/03 21:22

投稿元:ブクログ

前衛的過ぎてわたしには楽しみきれませんでした。せいこうさんの頭の中どうなっているのだろう…。表題作に触発されて、ゴーゴリの『外套』は読んでみたくなりました。こういう連鎖はとてもありがたい。

2014/07/11 07:28

投稿元:ブクログ

「今井さん」「私が描いた人は」「鼻に挟み撃ち」「フラッシュ」

10代の頃からいとうせいこうさんが好きなのに、本は初めて。

冴えている人の小説にあたしが追いつけていない。

理解したいのにそれが出来なくて悲しい。

幸せとは言えないようで全く不幸ではなさそうで。
壊れてるのに気持ち悪くなくて。

「今井さん」は“ぞわっ”てなった。
怖かった。

2014/05/22 23:21

投稿元:ブクログ

★零個
どうすればこんだけ面白くない本が書けるんだ!と思うほど面白く無い本です。
途中でもう読みたくない!と激しく思ったので、そうしました(・・;)。
なので感想を書く資格は無いかも知れませんが、どうかくれぐれも皆様もお気をつけ下さいませ、という思いだけでこれ書いています。
すまぬm(__)m

2015/04/12 01:16

投稿元:ブクログ

いとうせいこうさんが好きだ。
パフォーマンスが好きだ。
https://www.youtube.com/watch?v=gK9QZbzR3XE (音がでます)
考え方が好きだ。
http://www.thefuturetimes.jp/archive/no04/ito/
詞が好きだ。
https://www.youtube.com/watch?v=folGLMekk9Q (音がでます)

こんなにいとうせいこうさんのことが好きで、尊敬すらしている。だけど、この本はよく理解できなかった。
『鼻に挟み撃ち』の語り手はいとうせいこうさん自身ということなのか、フィクションのなかのいとうさんなのか。何が言いたいのか。やべーよ全然わからねえよ!という感じだった。無念。

2015/12/03 10:28

投稿元:ブクログ

表題作の『鼻に挟み撃ち 』
カーキ色のコットンパンツ、白いボタンダウンシャツ、黒いカーディガン、紫色の薄いダウン、を着た「わたし」はその服装からしてせいこうさんそのものだな、と思っていたけれど、途中のパニック障害だった告白によってそれは確信をもって示されていく。私小説とも言える現実とリンクした世界、またはエッセイ的なリアリティの中、ゴーゴリの『鼻』『外套』や後藤明生の『挟み撃ち』が絡まりあって、いつの間にか虚構の新御茶ノ水駅前に立たされてる。
どこまでが本当? どこからが虚構?

戦争法案が可決し、憲法も改正されるような空気、遠くでテロが起こり、報復と称した大量殺戮が許容され、でもまだ本当には日本で戦争は起こらないだろう、と何となく目を逸らして目の前の平和だけを見ようとする雰囲気。そっか、私たちの鼻も失われてるのかもしれない。国会で起きてること、世界で起きてることはテレビや新聞の向こうにあるお話。どこまでが虚構か分からない。

6 件中 1 件~ 6 件を表示