サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

グレイ

グレイ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価2.9

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

2014/06/26 18:54

投稿元:ブクログ

+++
著名な経済評論家・北川啓が主宰する「北川社会情報研究所」。日々の暮らしに汲々としていた大学二年生の波田は、街頭調査のバイトで見込まれ、破格の待遇で契約社員になる。それが運命を大きく狂わせる一歩だとは知らずに…希望に満ちた青年を待ち受ける恐ろしい罠。潰すか、潰されるか。孤独な戦いが始まる。警察小説の旗手が挑むピカレスク・ロマン。
+++

食べたいものも食べられないくらいお金に困っている大学生の波田が、割のいいアルバイトに飛びついたのが発端で、悪の手先として利用され、揚句にとかげの尻尾切りのごとく切り捨てられ、報復しようとする物語である。取り立ててどうということもない学生だった波田が、優秀なバイトと見込まれ、北川社会情報研究所に取り込まれていく過程が、あまりにも抵抗感なくあっけないようにも思えるが、新興宗教さながらの手を使えば、世間知らずの学生などあっけないものなのかもしれない、とも思わされる。波田はおそらく、社会に物申したい下地があったのだろうが、それにしても、切り捨てられたと判ってからの行動も、以前の波田からは考えられなくて、俄かには信じがたい気はする。ただ、こんな風に取り込まれてしまうなら、誰でも波田になる可能性はあるだろうと、背筋が寒くなる一冊である。

2014/07/09 11:35

投稿元:ブクログ

バブルの頃、あることをきっかけにアンダーグラウンドな社会に足をつっこんでしまう男の物語なのですが、主人公の変わり様が不自然で説得力に欠けます。

2014/11/05 13:55

投稿元:ブクログ

貧困学生の波田がカリスマ的人物に出会って街頭アンケートのバイトを始めるがややこしい状況に追い込まれていく。
緊張感が足りない?

2014/08/24 17:43

投稿元:ブクログ

平凡な大学生がお金の魔力につかまり利用されて今度は利用するほうに行きそうな終わり方。
でも拉致されたり、警察に逮捕されそうになったりしたのに小物と言われる人物に復讐をというのがちょっと飛躍していてついていけない。それも夏休みの2か月間ぐらいで白からグレイになってしまうというのは無理を感じる。
平凡な学生ではあるが「人たらし」であるというこの波田、弱冠20歳、大物政治家との対決も嘘っぽくて・・・
グレイに代わっていく過程が他人が「変わったね」というばかりでこちらには伝わってこなかった。
よって飛ばし読みになってしまった。

2014/07/12 09:29

投稿元:ブクログ

登場人物が本の中の言葉を借りれば、小物だらけでしかも感じの悪い小物ばかり!ストーリーもありがちな上、やりきれない結末。

2014/09/03 10:35

投稿元:ブクログ

主人公も大物の感じは全くしない。
時代を少し前に設定してるから、続編あるだろうけど
たぶん読まない。

2014/09/08 20:53

投稿元:ブクログ

想定以上に面白いと思います。
読みやすいのが第一で
先が気になるのが第二。
そして若き人が旗揚げして(まぁ上手すぎるとは思いますが)成功するサクセスストーリーが第三。
失敗からの成長?と謎の解明が第四。

浅い感触でありますが、なかなか楽しめて満足でした。

「情報」って大事だというのには同感ですけど、なかなか情報を収集して精査して使いこなすのって難しいかもなぁ・・・

2014/09/03 11:28

投稿元:ブクログ

#読了。1983年、貧乏大学生の波多は、評論家として活躍する北川の事務所でバイトを始める。波多は高額な給与で学生のまま派遣社員となるが・・・この時代から始めるのであれば、やはりバブルまで通していただきたかった。

2015/04/05 11:47

投稿元:ブクログ

貧乏学生だった主人公が、贅沢を覚えて変わっていくのだが、変わりかたが極端で何故そうなるのかが、自分には理解できない。

2014/05/28 13:53

投稿元:ブクログ

堂場瞬一が苦手という事もあり、読了までにかなり時間がかかってしまった。会社ってこうやって作られるのかというのを遠目にボンヤリと眺める感じで読んだ。私が生まれる以前が作品の舞台という事もあり、こんな感じだったんだという感じでもある。

2014/06/02 20:32

投稿元:ブクログ

波田くんは、バイトしながら生活費切り詰めて頑張ってる
普通の貧乏大学生でだったのになぁ・・・
余裕のある生活を経験しちゃったら、なかなかその
質を落とすのは難しいよね。
待遇も良く、頼りにされて、やりがいもあった
仕事だったけど気がつけば犯罪の片棒を担がされていた。
変わったね、波田くん。
顔つきも変わり、人を見下すようになって、
謙虚さも初々しさもなくなって。

少しずつ染まっていく。本人もその境目に気づかない
くらい徐々にグレイにやがて濃い色に。
周囲の人にはそれがはっきりわかる。
まだ真っ黒じゃないけど。
新興宗教?次は自らワルになる?
そっちに転がる話も読んでみたい。

2014/08/07 21:24

投稿元:ブクログ

平凡な大学生だった主人公波田が、グレイな人間に変わっていく物語。
主人公と一緒になって、自分の身に何が起こっているのか、ハラハラしながらページをめくった。
波田が新興宗教を使って何かしでかす続編がありそうだ。

2014/06/08 02:49

投稿元:ブクログ

わくわくどきどきさせてくれる本でした。
すべてが丸く収まるわけじゃなく、読んだ後、いろいろ考えることができました!

13 件中 1 件~ 13 件を表示