サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/01/29 13:11

投稿元:ブクログ

ネオクリティシスムを勉強したくて読んだがまったく意味が宿っていない文章で全然頭に入ってこない....ウィキペディアよりひどい

2014/06/11 12:00

投稿元:ブクログ

ジャン・ルフラン『十九世紀フランス哲学』白水社文庫クセジュ、読了。華々しいフランス現代思想に比べると19世紀のそれはナイーヴで、同時代ドイツに比べれば貧しいイメージだが、いやいや、とんでもない。19世紀こそ現代人がイメージするフランスの出発点。思想家は現実と理想と格闘していたのだ!

華麗で猥雑な、そして残酷な19世紀フランス。大革命の解釈とマテリアリスムへの対応が課題となる。本書はヴィクトル・クザンとオーギュスト・コントを導きの糸にしながら、思想家群像を描き出す好著。二百頁足らずの小著ながらその情報量に圧倒される。

訳者あとがき(川口茂雄)で日本思想史との関連の言及有り。第三共和制初期に留学した中江兆民は『理学鉤玄』(1886)で当時のフランス思想界の様子に言及。

「……撰択説(エクレクスチム)は法国ウイクトル、クーザンノ定ムル所ニシテ、諸家ノ説ヲ採択シ裁緝シテ以テ説ヲ為ス者ニシテ近時法国学官ノ虚霊説(スピリチュアリスム)正サニ是レナリ……」。

兆民は他にもジュフロワやフランクにも言及。本書を通し大先輩の仕事にも新しい光が投げかけられるかも。

2 件中 1 件~ 2 件を表示