サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

大爆発

2014/10/11 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

宇宙での特大の爆発現象、と言われた場合、誰もがすぐ思い浮かぶのは「超新星爆発(スーパーノヴァ)」
超新星爆発(スーパーノヴァ)を解説した本を読めば、少なくとも想像が追いつかないくらい、もの凄い現象だ、という事くらいは分かる。

が、その超新星爆発を超える現象が「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象。

超新星爆発(スーパーノヴァ)の中でもブラックホールができるほどのものは、区別され、「極超新星爆発(ハイパーノヴァ)」と呼ばれる。
爆発の規模の違いで区別されるのだが、その違いは、文字通りの意味での「桁違い」

超新星爆発(スーパーノヴァ)の段階で、想像力がギブアップしているので、「とんでもなく凄い現象」としか認識できない。

ガンマ線バーストは、極超新星爆発(ハイパーノヴァ)でブラックホールができる時の「産声」だそうだ。
突然、現れ、あっという間に終わるのだが、瞬間的にとはいえ、その明るさは全宇宙の星の明るさを合わせたものより、明るくなるらしい。

これ以上ないくらい、迷惑な産声。
ガンマ線バースト自体は1967年頃には発見されていたが、原因が分かったのは約30年後。
その強力なエネルギーと、発生時間の短さが原因究明の最大のネックだった。

本書では、ガンマ線バーストの解説と、その原因が解き明かされる歴史を解説したもの。

専門的になる部分は、歯が立たなかった。
が、科学者がガンマ線バーストの原因を解き明かす歴史は、二転三転して面白い。
天文学者の多くが支持しなかった説が最終的に正しかったなど、なかなかドラマチック。

遠い世界でのことであるガンマ線バースト。

が、人間の体に使われている、鉄より重い元素、金属はガンマ線バーストと共に作られたかもしれないらしい。
だとすると、何も知らずにガンマ線バーストの恩恵だけ受けていた、という事になる。

さらに地球も極めて弱いガンマ線バーストを起こしているそうだ。
(「ガンマ線バースト」とは区別され、「ガンマ線フラッシュ」と呼ばれる。)

台風や前線の上空で、数ミリ秒のガンマ線フラッシュが発生するらしい。
その発生の仕組みは、今でも謎。
雷の放電とは、時間的に一致しないとか・・・。

ところで、本書の最後で紹介されていたが、ガンマ線バーストを使って、宇宙の「一番星」を研究するための人工衛星が計画されているらしい。

名前はガンダム(GUNDAM:Gamma-ray burst for Unravelling the Dark Ages Mission)
http://astro.s.kanazawa-u.ac.jp/~yonetoku/hiz-gundam/index.htm

やはり、アレのファンだったのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/30 02:15

投稿元:ブクログ

専門的で難しいところが多いが、原典のグラフ、写真をたくさん載せてくれるのは有難い。超新星より一桁大きい極超新星、ハイパーノヴァの世界。

2016/08/01 14:23

投稿元:ブクログ

たしかにダーク○○ほど一般にはあまり興味を持たれていない分野かもしれない。しかし、読んでいて知的な興奮はあった。特に相対論がでてきて、ずばっと解決するところ。まだまだ未解明な部分が多いのも宇宙物理学に共通して、興味が尽きませんね。是非とも多くの方に読んで欲しい良書だと思いました。

2014/06/11 22:22

投稿元:ブクログ

面白い。発見から詳細な観測を経て解明に至るプロセスが丁寧に解説されており、楽しみながら一気に読める。ベテルギウスとイータ・カリーナが解説されているのもよい。続編でよいので、ジェットが上下に吹き出す仕組みについて詳細な解説を望む。

2014/07/01 23:57

投稿元:ブクログ

輝く時間こそ短いが,宇宙のすべての星を合わせた明るさに匹敵する超高エネルギーの天体現象ガンマ線バースト。本書はその専門家による解説。ガンマ線バーストに特化した啓蒙書は稀有。
地上核実験監視衛星により1967年に現象がとらえられてから,ガンマ線バーストの正体解明までには30年という長い月日がかかった。その過程では,1920年の銀河系大論争になぞらえたガンマ線バースト公開論争が行なわれ,それから程なくして少数説が実証されるというドラマチックな展開も。
長いガンマ線バーストは,重い天体が極超新星爆発して,ブラックホールを形成するときに放出する相対論的ジェットという結論。余りにも明るいために,百何十億光年彼方でも観測できることを活かして,ファーストスターを検出することも有望視されている。中性子星の連星が合体してブラックホールを作るときには,短いガンマ線バーストとともに重力波も放出されるはずで,初の重力波の観測は,ガンマ線バースターからもたらされるかも知れない。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

宇宙の起源を解き明かす鍵は宇宙最大の爆発にあった!巨大な爆発はどこで、どのように発生するのか。長い論争の果てに下された意外な結論。

6 件中 1 件~ 6 件を表示