サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

人生相談。

人生相談。 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー107件

みんなの評価3.4

評価内訳

107 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

うーん

2016/03/22 06:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らりほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スマホでは大変読み辛く、せっかくの試みが台無し感がありました。
内容は、なんだかグルグルしてくる作品。
好き嫌いは、この作品も別れそうだな、と、思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/04 21:05

投稿元:ブクログ

+++
大洋新聞に連載されている「よろず相談室」には老若男女から様々な相談が寄せられている――。

「居候に悩んでいます」――自分たちの家に居候が住んでいて、あるとき主従が逆転してしまった。このままでは居候たちに追い出されてしまう!
「しつこいお客に困っています」――同僚に生理的に嫌なお客を押しつけられて困っているのだけれど……。
「隣の人がうるさくて、ノイローゼになりそうです」――25年住んでいる賃貸の部屋。今までは何もなかったのに、隣から急に壁をたたかれるようになり、生活もままならなくなってきたのですが……。
「セクハラに時効はありますか?」――14年前、残業後、8歳年下の後輩に思わず抱きつき、そのまま最後まで……。部長への昇進にあたっての、審査で、この点だけ気になっています。
「大金を拾いました。どうしたらいいでしょうか」――家の裏の雑木林で見つけたゴミ袋。その中には札束が! 持ち帰って1年そのままなのですがどうしたらよいのでしょうか。
「西城秀樹が好きでたまりません」――「傷だらけのローラ」は私のことを歌っているんです! 秀樹が呼んでいる! どうしたら秀樹に会えますでしょうか。秀樹に会わせてください!
「口座からお金を勝手に引き出されました」――1500万円ほどの蓄えがあったのですが、どうやら夫が勝手に引き出したようです。これって窃盗にあたりますか?
「占いは当たりますか?」――来年、結婚する予定です。祖父母が心酔している占い師に、この結婚は不吉だと言われたと告げられて。そのうち、私も不安になってきたのですが。

一見、なんの連関性もない人生相談の数々。
ところがこの相談の裏には衝撃の事件が隠されていた!
+++

新聞の人生相談コーナーに載った相談事がまずあり、その後に物語が始まるのだが、どれもがその相談事と似通っている。しかも、物語の後に配されている回答編を読むと、その皮肉さに気づくのである。そんな趣向なのだと思って読み進んだのだが、またしばらく読むと、あちらこちらで繋がっていることに気づかされる。こんがらがった毛糸がもつれて解けなくなったようである。しかも毛羽立ったところがまたもつれ合って、さらなる混沌に迷い込む心地である。いろんなところがいろんなところと繋がり、影響を与え、因果関係を持ち、ぐるぐる回っているようでもある。ただ、要素が多くて、さらっと読んだだけでは印象に残らない登場人物もいて、それがいささかストレスにならないこともない。それさえなければ、次はどことどこが繋がるのだろうという興味もあり、惹きこまれる一冊ではある。

2015/03/17 21:39

投稿元:ブクログ

全体の繋がりが見えて来た頃に、だんだん物語に飽きて来た。時代が入れ替わり、人々も入り組み繋がり。もうちょっとシンプルにしても良いのかも。今ひとつ興味が湧かなかった。

2014/12/16 00:12

投稿元:ブクログ

連作短編集。
新聞の「よろず相談室」に寄せられる種々の相談。
最初読んだ時は、登場人物が多くて繋がりがわからず。
ネットで見つけた人物相関図を見ながら2回目にチャレンジするもすっきりしなかった。
繋がりが複雑過ぎて、本来の趣旨がぼけた感じ。
個々の短編としては面白ろかった。
(図書館)

2014/07/14 19:49

投稿元:ブクログ

内容が思っていたのと違ってびっくり…。イヤミスと知らずに読み始めてしまった。どれもなかなか後味が悪いので注意。

2014/05/15 11:38

投稿元:ブクログ

8通の、一見なんの関係もないと思われる人生相談がやがて…というパターンで、確かにこの凝りに凝った仕掛けは素晴らしいとは思うのですけど、策士策におぼれる的なあざとさ感もまたぬぐいきれませんでした。折原一が好きな方にはオススメします。

2015/07/21 11:36

投稿元:ブクログ

新聞に掲載されている人生相談が軸になっているミステリー。
それぞれの人生相談や登場人物が、無関係であるようなそうではないような・・・で。
頁を何度もめくりなおし、前と後ろを行ったり来たり。
人の名前覚えるの苦手だしちょっと、いやかなり頭を使って読んだ。
最初の人生相談はそういう事だったんだぁなんて納得しつつも、さわやかな読後感はなし。
登場人物がみんな難あり。誰にも感情移入できない。だけど、実際にいそうな人たちばかり。
読後は疲労感を覚えた。

2014/10/20 22:39

投稿元:ブクログ

昔のあの出来事、セクハラにあたるのでしょうか?…西城秀樹が好きでたまりません!占いは当たるのでしょうか…すべては“あなたの悩み”から始まった―。何の関係性もなさそうな「人生相談」。その裏にあるものは?!ラスト1ページまで、目が離せない!! (「BOOK」データベースより)

こわーい!!こんな薄らぞっとするお話はひさしぶり。でも登場人物が多すぎて、あれ?この人誰だっけ?が続出(笑)。いろんな人生がありますが、こんな相談コーナーは怖すぎる~。

2015/09/18 21:07

投稿元:ブクログ

白状するけど、途中から時系列も登場人物もよく分かんなくなったので、単純に短編小説として楽しみました。余裕がある時にちゃんとメモとか取りながら読み直したい。

2015/07/18 22:49

投稿元:ブクログ

新聞の人生相談コーナーに寄せられたハガキの短編集・・・かと、思いきや。
複雑な連作短編集になってて、しかも日をあけて少しずつ読んだので最後に行くにつれ何がなんだかわからなくなってしまいました。
レビューに「相関図を書きながら読むのがオススメ」とあったけど読み終わってから知って遅し(笑)
もう1回読み直したい本です。
でも一つ一つ面白かったし、相変わらずのイヤミスっぷりだし、文句なしの★5です♪

2014/06/18 17:07

投稿元:ブクログ

イヤミスでこの頃、楽しみな作家さんです。
この本も好きな人は好きなんでしょうねぇ、何度も読み直して「あぁ~」とか「わっ!」とか言いながら読んでみてくださいm(__)m
でも私はちょっと苦手…
後味が悪くて。一回さらっと読み通してそこでおしまいにします。
何度も申し上げますが、こういうプロットの話、好きな人は好きです!

2015/04/03 21:26

投稿元:ブクログ

こういう連作は嫌いではないが、パズルのピースのハマり具合がイマイチしっくりこない。
もう一度読ませようという魂胆?

2014/11/17 23:31

投稿元:ブクログ

よくもまぁこんなに人も時間もこんがらがった小説が書けるものだ!
名字で書いたり名前で書いたりますます複雑にする技法で作者の思うつぼにまんまとはまった。
投書された相談に絡めてる短編と侮っていたらとんでもない力作。

ただ、川口さんがどうしてこうなったのか謎が残ってしまったのは私の読解力なさなのかな。これから振り返って読んでみて確認します。
これから読む方には一気読みすることをオススメします。

2014/08/09 14:16

投稿元:ブクログ

人の相談にこたえるって難しそう。
あぁ、なんかありそうと思える相談もあれば、作り事めいた相談もある。
突拍子もない相談を受けたら、調べてみたくなるという心理もわかるわ〜。
1話1話別の話しかと思っていたら、関連性があり……。
面白い展開でスルスルと読めた。

2014/05/27 18:20

投稿元:ブクログ

他人の不幸は蜜の味とはうまいことゆうたもんで、参考文献が気になる。
「明治時代の人生相談」山田邦紀編 幻冬舎
「大正時代の身の上相談」カタログハウス編 筑摩書房

107 件中 1 件~ 15 件を表示