サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

悩みを幸せに変える法則 揺るがない自分になれて、あらゆる不安から解放される方法

悩みを幸せに変える法則 揺るがない自分になれて、あらゆる不安から解放される方法 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2016/03/31 17:16

投稿元:ブクログ

ブックパス苫米地祭第二弾。主婦の友社から出ていることもあって基本女性向きなのかな。書いてあることは前に読んだものと基本変わらない。思い込みを無くし能動的に行動を起こすことで変化が現れるってことかな。性格や好みは選択による反応ってのは多くの人は機械だといったグルジェフみたい。

2016/01/16 17:03

投稿元:ブクログ

思い込みがいかに自分の足を引っ張っているかがよく分かる一冊でした。
ところどころ首をかしげたくなる記述もありましたが(男子校、女子校と性別で学校を分けるのは儒教の影響とあるが、キリスト教の国にも男子校と女子校があるのはどうしてだろう?など)、おおむね分かりやすく、これまで私になかった視点もあって面白く読みました。

2014/05/01 15:51

投稿元:ブクログ

週間女性の連載だったということで、分かりやすく書かれていた。
タイトル通りの悩みの解決法はもとより、ゴール設定方法や日本文化の良さにまで話が及び、面白く、ためになった。

◇今日のなるほど
悩むのは、暇だから!

悩みに根拠なし。それは、妄想。
根拠があった瞬間に、悩みではなくなる。
解決すればいいだけ。行動あるのみ。

悩みは、エフィカシーの低い人の創作活動
悩みを無くすには、エフィカシー を高めればいい。
・・・そういや、ここんとこエフィカシー下がってるかも。。

持たないといけないのは、過去の実績からくる自信ではなく、自己評価、今の自分だからできるという確信。
「ここまで練習してきたから大丈夫」ではなく、
「ここまで練習してきたから諦めない」その練習と今が続いている表現。

今の自分が一番正しいと思うこと。
今の自分はベストな選択をしてきたから。

性格は幻想。これまでの選択の結果。

気分が悪いのは、選択肢が悪い。
良いことだけ見る癖をつけること!
イヤだと思わなけれはいい!★★★

不安は2種
死に近づいたことへの不安
老いていく自分が社会的能力をなくす不安←普通はこちら

妄想が不安の正体!
この妄想を消すには、
問題を具体化し、
→解決のために動く(しかない)=これまでの生活を少し変えてみようと思うだけでできる。
視点を変える、上げる。★★★
不安は将来をよくするための気付きとも言える!

ノウハウ
幸せの記憶を思い出し、辛い記憶を思い出す。
それを乗り越えたから幸せを感じる今があると思える。

イヤな記憶が溢れてきたら、意識を別のものに向ける。溢れる記憶を止めることごできるようになる。

病は気からの本当の意味は、病気は自分で治せますということ。

他の人のwantをゴールにすること。
そのために、周囲に目を向けること。

2014/06/09 23:38

投稿元:ブクログ

苫米地英人博士の4月の新刊『悩みを幸せに変える法則』(ほぼ毎月新刊が出ているんだが・・・)
久々に苫米地先生の本を読んでみたんだけども、やはり面白い。一連の流れで読んでいるから面白さが分かるんだけども、たぶん所見の人でも面白いと思えると思う。

僕は特に深い「悩み」を抱えているわけではないのだけども、ものの考え方/感じ方を見直すという点では勉強になった。
脳の仕組みについては、あまり深く書かれていないけども、もともと「週刊女性」に連載されていたものなので、仕方がないかもしれない。かえって読みやすさでは良いかも。

「悩み」事態は、実体がないもの。だから、考え方で消滅できる。
知らず知らずに自分自身に植え付けている常識を疑ってみることが大切かな。

ルー・タイスとの仕事(『アファメーション』参照)についても触れられていたので、復習になってよかった。

「悩み」を抱えている人に対して福音となるかどうかは分からないけども、なんとなく読んでもらいたいな。

----------------
【内容(「BOOK」データベースより)】
未来につながる“幸せ脳”が手に入る!“悩む”という思考のしくみ、どんな問題でも解決できる脳の作り方、間違いのない人生の目標の作り方がわかる。
————————
【著者略歴 (「wikipedia」より)】
苫米地/英人
1959年、東京都生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、ドクター苫米地ワークス代表、ロシア極東連邦大学客員教授、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人BWF日本代表、米国教育機関TPIジャパン日本代表。天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事
----------------
【目次】
第1章 あなたはどうして“あなた”なの?
・人は、どうして悩むの?悩むという、脳のしくみとは?
・こういう性格だから悩んでしまうの?“性格”って、何?
 ほか

第2章 脳の“悩む”くせを回避する
・脳は不安が大好物
・自分の視点を変えてみる
 ほか

第3章 親を憎む前に、越えなさい
・理想の家族とは、政府とマスコミが押しつけたもの
・“男脳”“女脳”なんてありません
 ほか

第4章 “常識”を捨てれば幸せになれる
・お金持ちになるには…使いなさい!
・“常識”は左右されるもの
 ほか

第5章 理想の未来が降り注ぐために、あなたがいま考えるべきこと
・今、未来にどうなりたいのかを考える
・あなたに必要なのは、「Want to」でも「Have to」でもありません
 ほか
----------------

2015/08/25 12:12

投稿元:ブクログ

悩みを消す技術として、自分の今までにあった成功体験を思い出し、ワクワクする気持ちにする。
そのワクワクする気持ちを何度も繰り返し、そのワクワクする脳回路が出来ることで、常にワクワクすることが出来る。
そしてそのワクワクする良い気持ちになれている時に、今までの失敗体験を思い出してみると、そのワクワクした気持ちの中での失敗体験だから、その失敗体験も良い気持ちの体験に変えて行ける。
ワクワクする脳回路を作っていこう。

5 件中 1 件~ 5 件を表示