サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

剃髪式

剃髪式 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

酔いしれるフラバルの世界

2016/10/24 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ましろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

飲めぬ者とて、フラバルの世界に酔いしれる。語り手であるマリシュカ、その夫であるフランツィン、そしてその兄であるペピンおじさんを始め、物語に登場する人々への愛おしさが読むほどに募っていた。新しいチェコでの暮らしに期待を膨らませ、その生活様式の変化や文明が確かなかたちで人々の前に姿を現す過程とそこにある心情が、どこかおかしみを抱かせながら生き生きと描かれてゆく。こんなにも生きることは愛おしい、こんなにも人は愛おしい、こんなにも物語は愛おしい。そう思い至る頃にはたと気づく。心に希望を持っていることの美しさを。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/05 22:27

投稿元:ブクログ

フラバルの母マリシュカを語り手にし、夫フランツィンとの結婚生活を描いている。途中参入してくるペピンおじさんもいいキャラクター。
マリシュカのチャーミングな性格も、夫とのラブラブぶりも、とても素敵だった。
どのエピソードもおもしろく、頬を緩ませながら読み通すことができ、閉じる頃にはほっこりした。

2014/03/13 19:46

投稿元:ブクログ

公開シンポジウム「ボフミル・フラバル生誕百周年記念シンポジウム」 | 立教大学
中欧を代表するチェコの作家ボフミル・フラバルが生誕百周年を迎えるにあたり、フラバル原作の映画を上映するとともに、作家、翻訳家、批評家がそれぞれの視点からフラバル文学の魅力を議論する。※使用言語:日本語、チェコ語(通訳あり)。
日時 2014年3月29日(土)13:30~18:00
場所 池袋キャンパス 7号館1階 7101教室
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2014/03/14109/

松籟社のPR
「ボヘミア地方ヌィンブルクのビール醸造所を舞台に、建国間もないチェコスロヴァキアの「新しい」生活を、一読したら忘れられない魅力的な登場人物たちに託していきいきと描き出す。
「ビール醸造所で育った」作家が自身の母親を語り手に設定して書き上げた意欲作。」

2015/01/22 22:08

投稿元:ブクログ

ランプの美しい描写から始まりとても色彩が豊かな小説。ふわふわ、きらきら、ゆらゆら、さらさら、流れるような浮くような飛ぶような美しい描写にうっとりした。主人公のマリシェンカの天真爛漫さ。細やかな夫フランツェン。フランツェンの兄ヨゼフ(ペピン、ヨシュコ、ヨジンと沢山愛称があるw)の奔放でとめどないおしゃべりと楽しい暮らしを一緒に過ごしたような気がした。広場で溺れるエピソードが好き。マリシェンカの金髪はチェコビールのよう。美味しいビールを飲んだような幸福な小説だった。

4 件中 1 件~ 4 件を表示