サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/06/11 22:16

投稿元:ブクログ

 ぁあ…終わっちゃった。
 の、ひとことに尽きます。
 中学生のころから付かず離れず、ずーっと一緒でした。オレの中の“魔術”のイメージはまるっきりこの作品にあって、だから正統派のファンタジーと馴染めなかったりして、小説書く上での過剰設定も(それで自縄自縛に陥ってることは置いておいて)、私服がずーっと黒ずくめだったのも、森久保声がちょっと得意なのも(←不可)、云ってしまえば一人称が“オレ”表記なのもぜんぶ。ほんと、ぜんぶである。ひねくれねじれた性格も、もちろん、含めて。

 あんまりにも誰かにちゃんと読んでほしくて、高校卒業したときに友達の弟に既刊全巻セットで譲って、結局こっちでぜんぶ揃えなおして、さて、それをいまから、1から読みなおそうとか思ってるわけです。もう一度ここまで戻ってくるまでに、最後の短編集出てるかな、っと。


 緻密な世界観を持った作品が時代を経ると、自然と歴史が出来上がってくる。故にちょっと社会性を持った物語になってくる…のを、こうやって好意的に受け止めるかどうかは、まぁ、受け手次第なんだろうけど。
 しかしずっと読んできた身としては、これくらい政治政治してきたところから、またはぐれていくオーフェンを、ニヤニヤして見送るわけです。
 …正直、今シリーズ(第4部)から読み始めたりした場合、保証は出来ない、よね。

1 件中 1 件~ 1 件を表示