サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

傍らにあること 老いと介護の倫理学(筑摩選書)

傍らにあること 老いと介護の倫理学 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/05/25 21:14

投稿元:ブクログ

「老い」や「介護」「死」といった問題に、倫理学の視点から考察をおこなっている本です。人間存在の時間構造から「生」と「死」の問題に迫ったマックス・シェーラーや、かけがえのない他者との人格的な交流を通じて、みずからを「死」に臨む個性的な人格として了解するようになると論じたランツバーグらの思想が手がかりにされていますが、学説の紹介にとどまらず、日常的な「老い」や「死」の経験に付き随いながら、流麗な文章で著者の思索が綴られています。

中井英夫は、死を前にした寺山修司から「人は死んだらどこへゆくのか」と訊ねられたと言います。寺山の死後、この問いを抱え続けた中井は、やがて「人は死んだら、残された者の心に行く」と考えるようになったと言います。小松美彦の本で紹介されているのを読んで、このエピソードを初めて知ったのですが、そのときの感銘を倫理学的な仕方でより深く考えるための手がかりを、本書から与えられたように思います。

2014/05/18 06:04

投稿元:ブクログ

これ、むずかしい部分も多かったけど、かなり好き。
鷲田清一さんに似てるなあと思って著者略歴を見たら、生まれた年、勤務していた大学もいっしょ。おもしろいもんだと思った。
「為す・する」ではなく「ある」を評価できること。そんな見方がもっとなされればいいなぁと思う。
自由についての章、死についての章はむずかしい。ぜひ時間が経ってから、また読みたいです。

2 件中 1 件~ 2 件を表示