サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/07/23 00:22

投稿元:ブクログ

金沢でミニシアターを作り「こども映画教室」を開催する著者と、その映画教室にかかわった映画製作者による本。

映画の撮り方や映画とはなにか、といったことを講義的に教えたり、テクニックを教えるわけではない。

「映画を撮る」という行為自体を通じて、子どもたちに「新しい発見」を自分たちで見つけてもらう体験を共有する場なんだと理解しました。

スマートフォンでも簡単に動画を撮影することができ、アプリでそれらを簡単に編集できる時代。

アメリカなどでは、実際にiPadを使って動画を自分たちで作ってみる、というワークが授業であるようですが、子どもたちが自分でメディアを作るということの教育的役割を改めて考えてみたいと思いました。

簡単に撮影のできる動画と人になにかを訴えかける作品を作り上げる映画とは少し違うのかもしれない。

自分の思った通りの世界を人に見せたい、感じたことを効果的に伝えたい、というのを表現するのに映像を使うというのは、とても面白い。映像は、もっとも情報量が多くとても強い印象を与える。そのため、作る側の意図をどう反映するか、もすごく難しいものになる。

メディアリテラシー的なことももちろん教えていかなければならないけれど、そもそも、子どもに動画や映画を作る人がどういう意図をそこに与えているか、実際に自分でやってみる、新しい文化を発見してもらう、そうしたことを伝えられたらなぁ、と思って手に取った本ですが、様々な考え方が吸収でき、面白く読むことができました。

2014/04/25 16:23

投稿元:ブクログ

そう言う催しがあるんですね!今だと気軽にムービー撮れるものねぇ、、、

春秋社のPR
「全国でワークショップが開かれ、人気を博す「こども映画教室」を紹介し、「教育」を「こどもと映画」という視点から捉え直した一冊。」

2 件中 1 件~ 2 件を表示