サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/09/21 12:16

投稿元:ブクログ

疲れた時に良い本。

知らず知らずのうちに仕事の目標を見失う、これは誰にでもあることだと思う。左遷人事の恨み、長年続いたコストカットへの不満・・・ビジネスにとっては本質ではないものだけれども人間としては自然な感情だからしょうがない。問題は感情を整理し、正しく目標を設定し、そこへ向かってやる気を喚起できるか、ということなのだろう。

筆者はマネジメントとか組織管理とか、そういったビジネススキルを勉強し、教える人たちのようだ。沢井社長(即ち原作者)は社長就任以前にも同様の学習や研修を行っていたのか、専門用語らしいものがいくつか出てくるし、部下をそういう外部研修に派遣したりする。
出向社長が従業員たちと心を通わせていく情緒的側面を強調しつつ、随所に自分たちの宣伝文句を散りばめる。そんなことをせずに、マネジメントには理論と実践が必要だと堂々と主張すれば良いと思うのだが、どうだろう。

2016/01/03 04:12

投稿元:ブクログ

経営というより、マネジメントの手法をわかりやすく説いてある。
1980年代に書かれたようだが、小説形式なので、
誰でも楽しみながらさくさく読めてしまう。
本の中では、できすぎと思われるような順風満帆な印象を受けるが、
最後の解説にあるようにかなり頁を削ったようで、
実際には周囲を味方につけたり行動に落としこんだりするのに、
きっと苦労があったのだろうと想像できる。
自分はこの著者のような立場にはないが、
人に熱を持たせるということ、そしてさまざまな施策を立て続けに行う手法は、
とても参考になった。
書かれた時代から、そのまま現在に通用するわけではないと思うが、
シンプルな手法やメッセージは普遍性があり、今読んでも十分参考になると思う。

2015/02/01 15:50

投稿元:ブクログ

この本は、戦略でも、ビジネスプロセスの変革でもなく、マネジメントの本だと思う。
現場を変え、モチベートし、会社を変え、黒地にする話で、
綺麗な戦略や、工業経営、原価管理の話がメインではない。

2015/05/24 17:20

投稿元:ブクログ

企業を変えるのは現場で働く人であり、現場で働く人を変えるには、変革者も変わりながら現場で働かなくてはならない。

2015/02/08 23:19

投稿元:ブクログ

20150208

自分の勤める会社が、2年連続の赤字決算となるため『黒字化せよ!』というタイトルに強烈に惹かれて読んでみた。

著者の実体験に基づいた、万年赤字だった会社を、1年で黒字化させるまでの挑戦を、小説仕立てで綴った珍しい作品だった。20年以上前に出版された作品ではあるが、経営を取り巻く環境は変われども、人を資本とした経営の本質は現在にも通ずる事ばかりで大いに役に立った。

なかでも沢井社長が打ち出した経営方針である
『オレがやる』
『協力する』
『明るくする』
は、最も分かり易く大切な事だと思った。

また、決算内容を隠さずに朝礼で話したり、社内を巡回して正社員、下請けの区別無く気さくに話しかけるたりする事で、社員1人ひとりが会社経営を他人事では無く、自分事と思わせるような取り組みが何よりも効果的であると思った。

会社経営に参画出来るチャンスがあれば本書の内容を活かしていきたいと思うが、今の自分の立場であっても、常に自分が経営者になったつもりで仕事に取り組んでいこうと思う。

本書は経営再建のバイブルとして本棚に大切に保管しておいて、来るべき時に再読したい。

2014/12/23 23:16

投稿元:ブクログ

評価定まらず。解説者の著者への心酔ぶりについていけない。本編は読み物として良いが、時代が違う感じが強い。

2015/03/27 21:33

投稿元:ブクログ

オレがやる、協力する、明るくする
部下を育てるのが社長の仕事
プラスの打ち込み
いつか役立ちそうなことがたくさんあった。
歳とってからまた読みたい1冊。

7 件中 1 件~ 7 件を表示