サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

遺伝子の川(草思社文庫)

遺伝子の川 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/09 23:04

投稿元:ブクログ

論理的でかつ分かりやすい文章。ドーキンス氏、科学者なのに並みの作家よりも名文家です。1995年の著作ですが、文章がいきいきとしているので、ちっとも古びていません。さらに、日本語のこなれ方が尋常じゃありません。読みやすさは垂水雄二氏の訳文に拠るところも大きいと思います。
J・Bテイラー「奇跡の脳」(新潮文庫)に引き続いて読んだため、なんだか自分のアイデンティティなんて無為なものだなぁ、と虚無感に襲われました。いや、決して空しいのではなく、清々しいような気分です。

2016/05/22 21:56

投稿元:ブクログ

難しいことを 分かりやすい比喩や 一言で表現している。遺伝子が 個体を器にして 何世代も 流れ渡るイメージで読んだ

神が存在するか否かについて、科学対宗教の様相を 少し見た。科学が一歩リードしている。今となっては、旧約聖書を読んでも、壮大なフィクションにしか思えない

自然淘汰は 効用最大化の結果である説は 面白い。次は ダーウィンの「種の起源」を読むつもり

2 件中 1 件~ 2 件を表示