サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

押しつけがましくないのが魅力

2015/09/05 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:湯川 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お金というのは、大切なことだとは分かっていても深く考えていない人も多いと思います。
そういう人にこそおすすめしたい。

物語の形で筆者の主張は記されていきます。
その言葉、ひとつひとつがハッとさせられることばかり。
自分のお金の考え方や遣い方を省みるいいきっかけになってくれます。

お金というのは、千円とか、一万円とかいう価値以上の価値があることは言うまでもないでしょう。
だからこそ、こういうお金に関する本は読んでおくべきだと思います。

この本は自己啓発本コーナーにあることが多いですが、自己啓発本のように主張がくどくないのでとても読みやすい。
押しつけがましさもなく、考えるきっかけを与えてくれる、とてもいい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/29 10:45

投稿元:ブクログ

物語風自己啓発本。
・お金持ちが怖れるのはお金が増えないリスク
・あなたにお金を運んできてくれるのは、絶対に自分以外の他人
・お金に所有者はいない

2014/05/02 11:56

投稿元:ブクログ

お金について、ビジネスについて、人間関係について色々と気づきがある物語だった。

気になったセルフ
お金で間違いを冒す人間の9割は、タイミングと選択を間違えるんだよ。
お金にはその人にとって扱える上限と下限がある。
お金を扱う能力は、それを扱う経験を増やしていくことでしか伸びない。最初は小さく、そして、だんだん大きく。
君にお金を運んでくれるのは、絶対に自分以外の他人なんだよ。
お金は信用が姿を変えたもの

2016/09/09 15:52

投稿元:ブクログ

 こういう本の判断って難しいよね。
 いいこと書いてあるのは間違いないんだもの。

 だけどそれ以上でも、以下でもない、おそらくこの本を読んでいる人は自分も含め読んで終わりだからね。

 本当は読んでその後が大切なのだろうがその後の状態を維持するのが難しいんだよね。

 だから著者は同じようなことを視点を変えて書きその本も売れるという好循環に恵まれる。

 得するのは書いたほう、だから読むほうはいかに本を出版することを失敗したかと著者に思わせる努力をしなければいけない。

 あ~やっぱりカモなんだな。

2014/11/30 18:00

投稿元:ブクログ

ファイナンシャルアカデミーの著者がお金で幸せになる為に大切な17の教えとして、お金に対する向き合いかたを説く。あってもなくてもどのように向き合うべきかは一度じっくり考えておきたいテーマ。

2017/01/04 09:20

投稿元:ブクログ

泉正人さんの本。小説調でさらさら読めました。参入障壁が低い飲食、借入に対する心置きなどリアルな内容でした。

2014/07/10 18:06

投稿元:ブクログ

お金を持った瞬間、人は選ばなければいけない。それをどう使うか、いつ使うか 世の中のファイナンシャルプランナーにお金持ちはほとんどいない お金は人を映す鏡なんだよ 結局のところ、人を信じることでしかお金は生まれない お金持ちが本当に恐れるリスクはお金が増えないリスクなんだよ 必要な時と、欲しい時に人はお金を使う 人にはそれぞれ自分が扱えるお金のサイズがある。一億円の器の人には一億円が、一千万円の器の人には一千万円が集まる 失敗とは、決断をした人間だけが得られる経験だからだ

2014/04/08 11:05

投稿元:ブクログ

内容的にはイマイチかな?
・お金で間違いを冒す人間の9割はタイミングと選択を間違える。
・お金は万能ではないが、お金の扱いが変わると人生が変わる
・お金は人を映す鏡
・お金は信用が姿を変えたもの
・お金持ちが恐れるのはお金が増えないリスク
・物事は両面からみることが大切だ、返すということはもらうという存在があるということを忘れてはいけない
・借金は借りたお金が材料、金利は調達コストと考える
・お金持ちは、買ったものに、金利分の働きを求める
つまり買った後に値上がりすることを求める(交換価値)、貧乏人は所有することにこだわる(使用価値)
・価値を見極める力とは、空いてやモノを信用できるかどうかを見極める力(その人の過去、いかに計画をたて、実行して、結果をだしてきたか)
・価格の決定力がブランドの力を決める
・お金はその器を持っている人の元に集まる
・お金はその人を映す鏡
・人にはそれぞれ自分が扱えるお金のサイズがある。
・君にお金をはこんできてくれるのは、絶対に自分以外の他人なんだよ。
・失敗とは決断をした人間だけが得られる経験だからだ

2014/05/05 19:39

投稿元:ブクログ

お金の本質を、物語風に書かれた一冊。内容としては読みやすいですが、読んでからどう変わるか?それは読者次第。やはり、読んだだけでは理解し難く、実際に自分で体験しないと分からないであろうという感想。

9 件中 1 件~ 9 件を表示