サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

政治哲学の原点 「自由の創設」を目指して

政治哲学の原点 「自由の創設」を目指して みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

政治は何のためにあるのか

2017/02/11 08:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『「政治の目的を「自由の創設」』と結論を述べる。自由の根源はプルラリティ複数性とし、認めた上で議論させ、一定の結論のもとに文化を築くことをよしとしている。
法律はいろんな方向に動き、かならずしも公平無私で中立的ではなく、日本の自由も変わりつつあるとしている。「何のために、こういう法律を制定するのだろう」ということに対し具体的な事案を例示することに政治家は明言すべきだ。新聞も、会社の方針や利益により、情報を載せる判断をしている
『「一つの価値観以外を排除し、敵をつくり、それを徹底的にやっつけることによって、まとまりをつくっていく」という独裁主義的なものの考え方に対しては非常な抵抗感をもっています』と言うとおり多様な価値観を肯定する土壌が必要と感じる。そこからよいものが「選び取られていく」なかに繁栄の芽があると思う。
著者は「考えることの人間こそ、自由の主体であるべき」として本当の意味での民主主義とは何かを考えさせられた本。
『洗脳と集団催眠を多用するマスコミに対しては、ソクラテス的対話術を学んでいくべき』の言葉には痺れた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示