サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/07/05 12:37

投稿元:ブクログ

救済者の70%はその決断を数秒のうちに下し、80%は事前に他人と相談することなく決定した。
反ユダヤ主義は国防軍においていわば職務上の義務だった。それなのにドイツ人でユダヤ人を匿ったりしたのは素晴らしいのだろうか。またユダヤ人と恋愛関係に陥ることは良いことだったのだろうか。全てが美談ではないはずだ。
ナチの妄想によれば、ユダヤ人の世界陰謀は帝国の内外に見られた。

2014/10/22 13:31

投稿元:ブクログ

あったとか、なかったとか、良いこととか、悪いことだとか、そんなことはどうでも良い。

歴史はその出来事のみが記録され後の世に伝えられるだけで良い。解釈や判断はその時々の社会の風潮や政治的立ち位置によってどのようにも変化するのだから。

本書で重要なのは、その時々の出来事は、社会や組織では無く個人の意志によって作られたということだけだ。

2014/10/15 08:22

投稿元:ブクログ

ナチスドイツが行った、ユダヤ人虐殺。
しかし、すべてのドイツ人が、唯々諾々として虐殺に加担したわけではない。
宗教上、道徳上、そして個人的な理由から、ユダヤ人を救済しようと奔走した人たちがいた。そして、その中には少数ではあるが、ドイツ国防軍などに籍を置く軍人たちもいた。
ナチスは、ユダヤ人を救済するものたちを、強く弾圧し、強制収容所に送り込み、殺害した。
なぜ、その厳しい状況の中、彼らはユダヤ人救済をおこなったのか...

3 件中 1 件~ 3 件を表示